1月 112019
 

中国輸入代行業者タオタロウから
アマゾンFBA納品をするためには
OCS配送を利用する。
メンズバッグを27個輸入したら
(アリババでバッグ1個が約1100円くらいした)
関税などで合計6356円かかった。

輸入関税:2700円
立替手数料:756円
輸入消費税:2900円
合計:6356円

これを27個で割ると1個230円ほど
販売価格に転嫁しなければ利益を出せなくなる。
バッグ1個あたり1300円の仕入れ費用。
中国から日本までの国際配送料が9700円。
27個で割れば360円で
1個あたり1660円の購入費になった。
アマゾンの手数料やこちらの利益を考えたら
最低でも2980円で売りたいと思う。

アマゾンで同じくメンズバッグを販売しているセラーも
私と条件は同じで(中国人セラーも同じく)、
これくらいの関税を払っているはずです。
ということは損益分岐の販売金額も自ずと分かる。

多くの仕入れや販売を行なってきたセラーほど
「商品価格を見ただけでも売れ筋具合が分かってしまう」
というリサーチスキルを持っている。

このスキルは数稽古をこなしてやっと身につく。

私もそうだが、あなたは利益を出そうとするあまり、
リサーチして「これは良さそうだ」と思っても
仕入れを見合わせたことがあるはずです。

ピンときたら試しに数個仕入れてみる。
全く売れなければさっさと損切りして
次からは仕入れなければいいだけのこと。

初心者はまず仕入れのアイテム数を増やそう。
(全然興味のないカテゴリーはスルーでOK)

1月 042019
 

輸出ビジネスしている人へ

ブラジルへ商品を輸出する場合、
輸入関税が60%だと知っておいて下さい。
(購入者側の負担)

日本からブラジルへSAL便で送れますが、
第3地帯のため高いです。

しかもその配送料にも関税が適用される。

注意:商品の60%ではなく、
商品+国際配送料の60%です。

もしあなたがeBayで販売していて
ブラジル人に購入されたならば、
内容物の価格(Value)を低めに申告してやってほしい。

あなたはブラジル国家を喜ばせたいのですか?
自分の商品を買ってくれたお客さんを喜ばせたいのですか?

後者ですよね。
半分くらいにしてやってほしい。

それにしても
「ブラジルの輸入関税がなぜ高いのか?」

自国の産業や商業を保護するためだろう。

では自動車はどうなっているのか気になるが、
トヨタやホンダは現地ブラジルで生産しているようです。
スマホなどは韓国勢が現地生産している。

私は高税国家に輝かしい未来はないと考えている。
ブラジルは経済的に遅れを取るでしょうね。

日本の関税は10%くらい。
良心的だとあきらめよう。

1月 032019
 

円高が進んでいます。

中国輸入やeBay輸入をされている方は
「円高は大歓迎だ」
と思っていたらとても危険なことです。
なぜならアメリカからの不況による円高だから。
それは日本経済にとっても不況の到来を意味する。

不況時には顧客の財布が固くなる。
つまりお金を使わなくなる。
よほどほしい物でないかぎり。

本当にイイ物しか売れなくなるぞ!

アマゾンで一部の中国人セラーが不良品を売っているが、
★1がある商品は売れない。
だから中国人と言えども力の無いセラーは撤退する。
アマゾン販売内で言うなら日本人セラーと条件は同じ。
顧客の嗜好も手数料も国際配送料も関税も。
だからビビることはない。
これからは本物の物販プレイヤーのみ生き残るだけ。

eBay輸入ではマニアを狙った商品なら
不況は関係なく売れるでしょう。
儲けたければマニアになりましょう。

BUYMAは唯一無在庫販売が許されている。
ではラグジュアリーグッズは売れるかというと
販売の総額は減少するが売れることは売れる。
人は見栄の塊だから。
見栄を無くすことは不可能。
人の愚かさを改善できなかったのは歴史からも分かる。

日本国内の消費パワーを期待するのではなく、
強い円を持って海外にて投資する。

これが2019年のビジネス戦略だと思う。

5月 212018
 

タオタロウという中国代行業者で
初めてアマゾンFBA直送納品をした。

※FBA直接納品は、EMS配送は不可。
OCS配送(ANAグループ)なら可能です。

納品されて数日後、
(株)OCSから請求書がきた。
タオタロウさんから来ると思ってたが。

(内訳を見たら)

関税:1200円
消費税:800円
地方消費税:200円

(下記は理解しづらい)

商品の申告価格:12189円←嘘ではない
関税10%:1200円
内国消費税(1)
課税標準額:13389円
税率:6.3%
税額:819円
内国消費税(2)
課税標準額:800円
税率:17/63
税額:215円

【請求金額】
輸入関税:1200円
輸入関税手数料:756円(立替手数料)
輸入消費税:1000円
合計:2956円

私は関税が10%くらいだとは知っていたが、
まさか消費税がそこに加算されるとは
全くの予想外でした。

今後はそれを加味してリサーチします。

※国内転売にもいいとこあるからね。

4月 072018
 

ブログで言おうか迷いましたが、
すでに募集が終了したので。

石垣政成氏のチャイントレードシステムは
中国輸入のアマゾン販売の全自動化です。

募集総人数は推定30人~50人。
なぜ推定なのかは
無料オンラインセミナーで
募集は8人と言っていた。
たった8人だけ。
全国で開催されたオフラインのセミナーで
すでに20、30名くらい集まったからだろう。
会員を50人以上にすると
満足のいくフォローができないのも理由にある。

塾の価格は248000円で
期間は6ヶ月。

売れる商品のリサーチは
アマゾン、メルカリ、アリババ、その他
いろんな方法がある。
メルカリでのリサーチは
『フリマスライダー』と同じツールを使用する。
これだけでもリサーチが楽になります。

まず試験的に数個だけ輸入して
ヤフオクとメルカリで実験販売してみる。
それで顧客の反応を確かめてみる。

売れる商品を見つけた(と思った)ら
CTシステムに買付け依頼をする。
その時アリババから見つけ出すことはせずに
商品画像を見せれば中国の担当者が見つけてくれる。
新規のオリジナル商品を作成する場合も
日本語で依頼できる。
どうしてそれがCTシステムでできるのかというと
(これも推定だが)石垣さんの会社は
イーウーパスポートという中国代行No1の会社と
月額払いの会員として提携しているから。
(月額:29800円)
塾生はその会社のサービスを
石垣さんの会社を通して利用できる。
これだけでもお得な塾。
彼は迷っているなら入った方がいいと言っていた。

イーウーパスポートは日本に倉庫がない。
だから日本での保管や配送拠点としての倉庫は
石垣さんが自前で用意した。
だがコンテナ輸送に対応していない。
なぜならそれだけの量をこなすだけの規模ではないから。
もし本格的に中国輸入をする気でいるのであれば
コンテナ輸送は配送コストにおいて差別化になる。
話によると空輸コストの1/5、1/10になるとか。
会員を増やして是非チャレンジしてほしい。

石垣さんの会社は6ヶ月の塾が終わると
どこで利益を得るのかというと
買付け依頼や倉庫の使用料だと思う。
もちろんサポートもしてくれる。
ただそれだけだと儲からないので
自身も転売で稼ぐことをする。

有在庫物販というのは
仕入れた商品がポンポンと売れるとは限らない。
どれだけリサーチをしても外すことは多々ある。
でなければ誰が親切に儲かる商品の探し方を教えますか?
「転売はリサーチ命」と言っている人は
さぞかし在庫を抱えて悩んでいないですよね?
キャッシュも潤沢ですね?
うらやましい…(皮肉)

私があなたに伝えたい【商売の鉄則】

「売れないと判断したら即処分売りをせよ!!」
「これは儲からない商売だと判断できたら即撤退せよ!!」

それと仕入れ資金について伝えたい。

PayPalならクレカで支払いが可能だが、
手数料が4%くらいかかる。
止めた方がいい。
10万円分を送金したら4000円が無くなる。
中国輸入は利益率が高い方ですが、
アマゾン内での同じような商品群の中で
安売り競争になるのは必至。
だからその4000円ですら貴重になる。

※国際配送料、輸入関税、買付け代行手数料など
国内転売にないコストがかかることを忘れるな!!

クレカを使わずにすむような資金があればいいのだが…

私がネット物販事業者を観察していつも思うのが
皆さんキャッシュに困っている。
だからこそ無在庫販売が理想なスタイルですが、
プラットフォーム販売では禁止されてます。

「仕入れるための資金の確保をどうするか?」

1、働きながらその給料でまかなう
2、親・友人から借りる
3、銀行から融資を受ける

私は断然1です。
ビジネス初心者がお金を借りて
簡単に稼げるほどビジネスは甘くない。
だから初めは1万円からの仕入れでよい。
しっかり利益を出せるようになるまで
兼業・副業としての体勢を取る。
いま無職の人はまず派遣登録を済ませる。
もしくはバイトを探す。

「有在庫物販の決め手はキャッシュフロー管理」

だから売れないと判断できたら
問答無用で見切り売りしなければならないのです。

2月 092018
 

怪しげな男女3人がeBay輸出の教材を販売している。

eBay輸出教材『お客75億人』(19800円)

このセールスレターに堂々と書かれている。

「世界にお客は何人いると思っているの?」
「75億人♡」

75億人は世界総人口の数字で、
eBayのアクティブユーザーは1.7億人なの!!

バカなのか。
その時点で頭が悪い。
しかも3人の頭でもってしても気づかない。
そんな奴らが作った教材の中身なんて大したことはない。
私が断言する。

「こんなものは買うな!!」

登録の仕方や出品方法は
ブログやYouTubeで探せば見つかります。
あとは売れる商品を探すのみ。

①ジャンルを絞って
(自分の好きなジャンルを選ぶ)
アマゾン・ヤフオク・メルカリで仕入れる。
(出品数が多ければ無在庫販売でもいい)

②eBayにて実際に出品してみる。
(写真が大事です)
売れたらリスト化する。

③1ヶ月経っても売れなかったら
日本で見切り売りしておさらばする。
(未練を断ち切って損切りする)

この流れを1000回繰り返す。

うまく利益が出た商品を考察して
次の仕入れ判断に活かすこと。

それと国際配送はEMSにすること。
なぜならSAL便は返送されたら
返送料を取られるから。
EMSならそれは無いですし、
1週間ほどで届いて安心です。
EMSは高いですが、それは商品値段に反映させて下さい。

「物販は単純=安く仕入れて高く売る」

地道なリサーチと泥臭い作業。
とどめは見切り売り。

もしどうしても自分の力に自信がないのなら
高いコンサルを受けて下さい。

誰から教えを受けたらいいのか?

これも地道なリサーチと泥臭い作業。
とどめは見切り売り。
(笑)

1月 072018
 

脇坂浩という中国輸入OEMの方が
この雑誌に紹介されています。
彼はブログを持っていないのか
検索しても出てきませんでした。

安いし絶対に買え

こんな安い雑誌で紹介されたということは
中国OEMでは稼ぎにくくなっているという証拠ですね。

ですが新商品は続々誕生しますので
あなたにも私にもチャンスは必ずあります。
それがいつか、どんなものかは分かりませんが、
今からでも慣れるためにも
少しずつチャレンジしてみてはどうでしょうか?
やり方は雑誌に書かれています。
初心者は単純に商品を輸入して
それをそのまま売るだけの
簡単なことから始めて下さい。

【彼のおすすめする業者3社】

●アマゾン専門の写真撮影「Amacon」
https://amacon.jp/photo/

●国内倉庫&発送の「田中物流」
http://tanaka-logistics.com/

●中国輸入代行の「龍猫貿易」は消えました。

買付け代行で安いのが「ライトダンス」
http://www.sale-always.com/
手数料3%ですので、まずはここで慣れて下さい。

「さくら代行」というところは
日本人が経営していたのですが、
中国人パートナーに乗っ取られたようで
非常にうさんくさいのでNGです。
私はおすすめしません。怖いから。

中国輸入(OEMでなくても)で一番大切なことは
何と言っても検品です。
不良品を買った人が★1をつける。
★1がついたら売上げは途端に落ちます。
(あなたは不良品があった商品を買いますか?)

目視検査ならしてくれる業者はありますが、
電化製品などのチェックまでするところはない。
だから自分でするしかない。
もし面倒ならば電化ものは扱わない。

ライバルの多いアマゾンで中国輸入ものでも
品質さえ良ければだんだん売れてきます。
なぜならネットショッピング人口は増えているからです。

11月 022017
 

日本のアマゾンの商品レビューの表示が
下の画像のように
パーセンテージ表記になりました。
以前は「評価の数」でした。

これはアマゾンはすべて米国スタイルに統一せよ。
と、そういう命令なのでしょう。

私はグラフが付いているので
パーセントはパッと見たらわかるので、
以前の投稿数の表記がいいと思います。

話のオチが見つからないので
評価について1つ。

中国輸入セラーの新規登録商品についてアドバイス。

評価が少ないものは売れにくい。
だから最初は利益よりも評価集めに集中せよ。
もちろん★4以上を狙うこと。
ランサーズでお願いしてもいいと思います。
ただし★5ばかりでは怪しまれます。

私も評価を見てから購入を決める派だから
評価や評判はお金よりも大事です。

結局、詐欺師は一時的に潤うだけで
ネット時代にはすぐ追放の目に遭います。
詐欺はしない方がいい。