中国輸入品は受け入れられている。品質さえ良ければ文句なしだが。

ライトダンスという中国代行業者が
新しく生まれ変わって今後は
「ラクマート」という名称で
営業していくようです。

Rakumartラクマート
中国輸入に特化!URL/写真添付不要の時短発注管理システムは、中国内物流追跡、外注管理、無在庫発送やOEMプライベートブランドまで、 業界初機能満載、ワンストップで輸入完結

このサイトを見ると
日本語と中国語しかない。
顧客は日本人のみなのでしょう。
社名のラク(楽)からも
日本に特化していることが分かります。

下の動画を見ると
倉庫部屋ではなくマンション並みの広さ。

日本本社があり
(代表:大舘一夫さん)
日本人スタッフもいて
かなり強気で日本市場を意識している。

要するに中国輸入代行として
今後も儲けていくという自信が見て取れる。

ちょっと疑問だが、
アマゾンには中国人セラーがウヨウヨいる。
彼らは代行業者を使わなくても
直接アマゾンFBA納品できるのではないのか?
そうとするならば日本人の中国輸入品セラーは
どんどん減少するのではないか。
(それでも強気なの?)

いやもしかすると中国人セラーも
日本のアマゾンとパイプのある代行業者を
利用しているのかもしれません。
関税の立て替えもあることだし。
本当のところはどうなのでしょうか?

余談:
中国人セラーも淘汰されていくでしょう。
なぜならアマゾンは顧客第一主義で
悪質セラーは排除されていくようになるから。
残るのは顧客想いの良質なセラーのみ。
それは日本人セラーでも同じことです。

とにかく今回のラクマートのリニューアルは
日本市場向けにおいて勝算があるからこそ
大きな投資に踏み切ったのだと分かります。

つまり中国輸入品は売れてます!
どんなジャンルであっても。

あとは品質さえ良ければ言うことなしだが…

コメント

error: Content is protected !!