6月 292018
 

アマゾンで売られているスポーツサンダルです。
「ATIKA」というブランドで
アメリカアマゾンでも併売されています。
(セラーは中国人でしょう)
楽天でも売られていますが、セラーは日本人です。
おそらく楽天での販売権を取得していると思われます。

私はこのサンダルが欲しくて
4月の半ばから安くならないかと監視していました。
5月のGW中にブラックの26センチが在庫切れした。

※日本人にはブラックが人気で、
男性の足のサイズは26センチが売れやすいです。

(私の足のサイズは25.5です)

一体いつ在庫が復活するのか
2ヶ月間待っていますが、
その気配はないですね。

船便でアマゾンに納品するとしても
2ヶ月もあれば中国から届くはずなのに、
まだ在庫切れしているのは
もう売る気がないとしか思えません。

価格も同時に観察していました。
4月5月には3000円以上に設定されていたカラーを
何度か目撃したことがあるが、
6月になってからはすべてのカラー・サイズで
3000円以下に決められました。

「無名ブランドのスポーツサンダルは
3000円以下でないと売れない」

最も人気のあるブラック26cmだけでも
なぜ在庫補充しないのか疑問だったが、
おそらく3000円以下では薄利すぎてバカらしいのでしょう。
なぜなら重量が大きいので、
中国から日本までの輸送料がかかるし、
革製品の関税は少し高くなるからです。

または他のカラーサンダルを売り切れにさせてから
再度補充を計画しているのかもしれません。
(私ならブラック26cmを売りまくってトータルで儲けますが)

ATIKAブランドの良いところは
サンダルだけにATIKAブランドを付けていること。
統一性があって良いです。
ただし、このセラーが「テスラ」というブランドで
水着やアンダーウェアを売っていて、
SKUがたくさんあることが難点です。

私ならサンダルだけに特化して売る。
(サンダル屋さんになろうよ)
製造工場と手を組んで、大量生産で単価を安くさせる。

もしあなたが300万円以上を持っているならば、
中国代行業者のイーウーパスポートに頼んで
イーウーの買付けツアーに参加する。

https://yiwupassport.com/

そして自分が販売特化する
商品カテゴリーやジャンルを買い付けする。
できれば日本での独占販売権を取得し、
日本のECサイトで売りまくる。

私は中国のECサイトで色々仕入れてしまったのだが、
完全にそれは間違いでした。
(今在庫処分中)

資金の少ない個人事業家は1つの商品に絞る。
せめて小カテゴリーまでは絞ってほしい。
例:男性ファッション→小物→カード入れ

どうして絞るべきなのかというと

1、アイテム数が多いと管理が大変
2、だから在庫処分が遅れやすい
3、資金が少ないから大量発注で安く仕入れられない
4、あれもこれもでは、在庫が増え続ける
5、販売機会ロスを防げる
6、スッキリして集中しやすい(副業の人には好都合)
7、自分のオリジナル商品を製作することに資金注入し
それが売れると、楽しい(ロゴだけのOEMはつまらないが)

自分で経験してみて、よ~く分かった。
「取り扱う種類が多いと、かえって全然売れない」
ということが。

5月 042018
 

【FBA配送代行手数料】(2018年5月1日から)

メディアの小型:226円
メディアの標準:360円

(文庫本や新書、DVDは小型に分類される)

※アマゾンの「在庫管理」ページの
「手数料見積もり額」をクイックすると
手数料の内訳が表示されるので
知りたい人はそこで確認できます。

少しのサイズ違いで100円以上も違う。

中古本せどりをしている人は
・FBA発送を辞めて自社発送に切り替えるか
・中古本を扱うのを辞めてDVDにするか
どちらかに早急に舵を切り替えよ。

私は自分で読んだ本を処分する時
面倒だからFBAで売ることを辞めませんが、
儲けはないですね。
むしろマイナスですが仕方ない。

面倒でも利益が欲しい人は
ヤフオクやメルカリで売るといいですよ。

単価の安い中古本で134円の差は本当に大きい。
(ダメージはんぱねぇww)

これをいい機会として
中古本セドラーは自分のビジネスを見直そう。

3月 082018
 

二階堂という方が販売している
物販系の情報教材です。

『商品0円仕入れ完全マニュアル』(4800円)

セールスレターを読むと
私は「レビューを書いてその商品をタダでもらう」
という方法だと推測しました。
買っていないので断言はできませんが。

こちらが支払う対価を仕入れ費用(お金)とは
違う方法で提供するだけのことなのです。

この文からおそらくそうだと思います。

レターに紹介されてある商品はこれ。
すべて中国輸入品です。

もしあなたがレビューを書いて
商品を0円で仕入れるとする。
必ずレビューは★5にしますよね?
不自然に★5が多いとアマゾンにマークされます。
レビュアーとして排斥される可能性も出てきます。
それにわずかなお金のために
嘘のレビューを書き続けていくと
「私はお金の奴隷」なんだと
いつか卑屈感を味わうことになる。

あなたは本音で生きたいですか?
それとも嘘で固める人生でいいですか?

仕入れ費用が少ない人は
アフィリエイトをやるか情報を売ればいい。
(無在庫販売をするのなら十分気をつけて)

私は物販が一番手堅いビジネスなので
ネットビジネス初心者にはまず物販をおすすめしますが、
仕入れる商品は1000円ほどの安いものでもOK。
少しずつリサーチスキルを高めながら
仕入れ資金を増やしていけばいいと思う。

1月 072018
 

脇坂浩という中国輸入OEMの方が
この雑誌に紹介されています。
彼はブログを持っていないのか
検索しても出てきませんでした。

安いし絶対に買え

こんな安い雑誌で紹介されたということは
中国OEMでは稼ぎにくくなっているという証拠ですね。

ですが新商品は続々誕生しますので
あなたにも私にもチャンスは必ずあります。
それがいつか、どんなものかは分かりませんが、
今からでも慣れるためにも
少しずつチャレンジしてみてはどうでしょうか?
やり方は雑誌に書かれています。
初心者は単純に商品を輸入して
それをそのまま売るだけの
簡単なことから始めて下さい。

【彼のおすすめする業者3社】

●アマゾン専門の写真撮影「Amacon」
https://amacon.jp/photo/

●国内倉庫&発送の「田中物流」
http://tanaka-logistics.com/

●中国輸入代行の「龍猫貿易」は消えました。

買付け代行で安いのが「ライトダンス」
http://www.sale-always.com/
手数料3%ですので、まずはここで慣れて下さい。

「さくら代行」というところは
日本人が経営していたのですが、
中国人パートナーに乗っ取られたようで
非常にうさんくさいのでNGです。
私はおすすめしません。怖いから。

中国輸入(OEMでなくても)で一番大切なことは
何と言っても検品です。
不良品を買った人が★1をつける。
★1がついたら売上げは途端に落ちます。
(あなたは不良品があった商品を買いますか?)

目視検査ならしてくれる業者はありますが、
電化製品などのチェックまでするところはない。
だから自分でするしかない。
もし面倒ならば電化ものは扱わない。

ライバルの多いアマゾンで中国輸入ものでも
品質さえ良ければだんだん売れてきます。
なぜならネットショッピング人口は増えているからです。

11月 022017
 

日本のアマゾンの商品レビューの表示が
下の画像のように
パーセンテージ表記になりました。
以前は「評価の数」でした。

これはアマゾンはすべて米国スタイルに統一せよ。
と、そういう命令なのでしょう。

私はグラフが付いているので
パーセントはパッと見たらわかるので、
以前の投稿数の表記がいいと思います。

話のオチが見つからないので
評価について1つ。

中国輸入セラーの新規登録商品についてアドバイス。

評価が少ないものは売れにくい。
だから最初は利益よりも評価集めに集中せよ。
もちろん★4以上を狙うこと。
ランサーズでお願いしてもいいと思います。
ただし★5ばかりでは怪しまれます。

私も評価を見てから購入を決める派だから
評価や評判はお金よりも大事です。

結局、詐欺師は一時的に潤うだけで
ネット時代にはすぐ追放の目に遭います。
詐欺はしない方がいい。

9月 272017
 

アマゾンの倉庫(フルフィルメントセンター)が
東京の八王子と大阪の藤井寺に
新設されました。

私が驚いたのは、2ヶ所とも大都市であること。
地方都市である広島や名古屋ではなくて
東京と大阪であることから、
アマゾンでの購入者は大都市圏内の人が多いと言える。
(人口から言えば当然になるが)

地方の人はまだまだリアル店舗に行って
買い物するのかというと
私はそれは否定的です。
なぜなら米国トイザらスが破産したこともあるし、
(日本の店舗もダメになるだろう)
ブックオフなどのリサイクル店が
買い取りを強化していることから
仕入れ量が思わしくないのでしょう。
いらなくなったらメルカリで売ればいいという
消費者の流れが確実にある証拠です。
(ブックオフが楽天にも出店している)

何が言いたいのかというと
ネット物販は天井を打っていない。
まだ伸びる分野だということ。
だからこそアマゾンは今後も倉庫を新設していくと言う。

「あなたはイオンや電器屋で買い物をしますか?」

それを考えたら理解してくれますね。

現在アマゾンで販売している人は
ライバル増加で苦戦していることもあると思いますが、
独占商品やヒット商品を扱えば
必ず利益を得られるようになります。
だからあきらめずに継続をお願いしたいです。

★固定費なんてたかが知れている。
途中で辞めてしまう人がいるのが信じられません。

6月 152017
 

楽天に出店するためには
事務所の外観や内観の写真を送るのが
最近義務化されているようです。
それが本当かどうかも
楽天社員が直接確認しに行くとか。

それに罰金制度もあるらしい。
(最大300万円)

たとえば

「検索用文字列」
「不適切なタグ登録」
「レビュー投稿を条件とした特典付与」
「同一商品複数登録」

などは罰金10万円です。

もう嫌になって楽天を退店したとしても
罰金が残されていれば
それを払わないと
法的処置を取られるようです。

「楽天に出店する際はそんなリスクも覚悟しておけ」

まあ昨今のアマゾンの顧客リスト乗っ取り事件
それを思ったら楽天も厳正な管理をしたくなりますね。

アマゾンは今回の事件で
必ずセラー審査の厳正化を行なってくるでしょう。
だから楽天のように住所の確認のために
写真や電話の位置情報など
煩瑣な手続きを要求してくると思う。

独自で作ったネットショップなら
運営側の意向を気にすること無くていいが、
集客が難しい。
売れても入金管理や発送があり
個人の副業では大変なので、
一人物販の場合はアマゾンFBAで行くしかない。
もしくは高額商品を扱うか。

私は楽天でも買い物をしていますが、
正直アマゾンの方が買いやすい。
分かりやすいし、検索しやすいし、早いし。
返品・返金請求もしやすい。

「消費者には天国、セラーには地獄」

モノ余りの日本でのビジネスは消耗戦だ。

勝つためには日々
「あともう一工夫できないか?」
のトライ&エラーです。

これができる人は仕事を面白がる人のみです。

注意:厳しい審査の楽天出店であっても
儲かるお店は相当儲かるそうです。

6月 102017
 

アマゾンにて
インチ表示される計量器を販売していた人が
ページを削除されたようです。
(中国商品に自社ロゴを入れたもの)

調べてみると
「丸正マーク」を付したものでないと
『計量法』に違反するからと、
アマゾンが行政に命令されて仕方なくなのか
削除しまくっているそうです。
問答無用で。

インチ、ポンド、華氏など
日本では使用しない単位を表示する製品には
必ず丸正マークを入れること。
(販売者が負う義務)
やはりお金がかかると思います。

もしどうしても売りたい場合は
ヤフオクやメルカリで販売すること。
まだ規制はされていません。

ポンド製品はイギリス人に売れそうです。
アメリカ人は体温計は華氏のものを使います。

それにしてもインチの商品が
いろいろとあってもいいと思う。
国際化ですからね。
選ぶ自由が消費者にはある。

ですが法律を変えるよりも
自分を変えた方が早いので、
商売人はいちいち腹を立てずに
次の戦略を練ってビジネスをしていきましょう。