5月 212018
 

タオタロウという中国代行業者で
初めてアマゾンFBA直送納品をした。

※FBA直接納品は、EMS配送は不可。
OCS配送(ANAグループ)なら可能です。

納品されて数日後、
(株)OCSから請求書がきた。
タオタロウさんから来ると思ってたが。

(内訳を見たら)

関税:1200円
消費税:800円
地方消費税:200円

(下記は理解しづらい)

商品の申告価格:12189円←嘘ではない
関税10%:1200円
内国消費税(1)
課税標準額:13389円
税率:6.3%
税額:819円
内国消費税(2)
課税標準額:800円
税率:17/63
税額:215円

【請求金額】
輸入関税:1200円
輸入関税手数料:756円(立替手数料)
輸入消費税:1000円
合計:2956円

私は関税が10%くらいだとは知っていたが、
まさか消費税がそこに加算されるとは
全くの予想外でした。

今後はそれを加味してリサーチします。

※国内転売にもいいとこあるからね。

1月 072018
 

脇坂浩という中国輸入OEMの方が
この雑誌に紹介されています。
彼はブログを持っていないのか
検索しても出てきませんでした。

安いし絶対に買え

こんな安い雑誌で紹介されたということは
中国OEMでは稼ぎにくくなっているという証拠ですね。

ですが新商品は続々誕生しますので
あなたにも私にもチャンスは必ずあります。
それがいつか、どんなものかは分かりませんが、
今からでも慣れるためにも
少しずつチャレンジしてみてはどうでしょうか?
やり方は雑誌に書かれています。
初心者は単純に商品を輸入して
それをそのまま売るだけの
簡単なことから始めて下さい。

【彼のおすすめする業者3社】

●アマゾン専門の写真撮影「Amacon」
https://amacon.jp/photo/

●国内倉庫&発送の「田中物流」
http://tanaka-logistics.com/

●中国輸入代行の「龍猫貿易」は消えました。

買付け代行で安いのが「ライトダンス」
http://www.sale-always.com/
手数料3%ですので、まずはここで慣れて下さい。

「さくら代行」というところは
日本人が経営していたのですが、
中国人パートナーに乗っ取られたようで
非常にうさんくさいのでNGです。
私はおすすめしません。怖いから。

中国輸入(OEMでなくても)で一番大切なことは
何と言っても検品です。
不良品を買った人が★1をつける。
★1がついたら売上げは途端に落ちます。
(あなたは不良品があった商品を買いますか?)

目視検査ならしてくれる業者はありますが、
電化製品などのチェックまでするところはない。
だから自分でするしかない。
もし面倒ならば電化ものは扱わない。

ライバルの多いアマゾンで中国輸入ものでも
品質さえ良ければだんだん売れてきます。
なぜならネットショッピング人口は増えているからです。

12月 092017
 

配送料が上がっています。
一度上がれば、値下げは当分ないです。
いや、もう下がらないでしょうね。
(3社しかないので競争原理が弱い)

配送料分は商品価格に転嫁するしかない。
軽くて小さくて商品価格が高い、
なおかつ利益率の高い商品を扱うのが賢い選択です。


この雑誌からの抜粋です。

7月 022017
 

紙直樹さんのフロントエンド教材です。

インフォトップ⇒『神業EXPORTER・改』
(決済はなぜかInfocartです)

何とアマゾンでも販売されている。
ランクがついているので売れているのでしょう。

ホントに売りたいバックエンドは
紙さんのGodHandツールと
代行の外注化センターの売り込みです。

両方合わせての使用料金:月額14800円
(教材購入者は1ヶ月無料)

料金の詳細が分かりませんので
安いかどうか判断できません。

サイト:http://god-inc.jp/

私も経験してますが
梱包・発送はものすごく大変です。
住所など間違える。
特に英語なら尚更ミスしやすい。
だから本気の人は必ず外注化サービスを使うこと。

ランサーズなどで自分で雇う
という方法はおすすめしません。
どこかに飛ばれたり動いてくれないからです。
無責任は多いですよ。
(イヤならイヤと言ってくれればいいのに~)

肝心の教材の中身はどうかというと
“基本に忠実”ということで想像して下さい。

外注化を検討している人は買いです。
1ヶ月試してみて下さい。

特典としてこの本が無料にて読めます。

(以下目次)

第0章

はじめに
手っ取り早く稼ぎ方を覚えるには?
ビジネスを始めるために必ず押さえるべきこと
資金をノーリスクで作る

第1章 概要編

1-1 輸出ビジネスとは?
1-2 なぜ輸出ビジネスか?
1-3 夢広がる輸出ビジネス
2-1 マインド編1 輸出ビジネスの全貌と優位性
2-2 マインド編2 多くの人が稼げない理由
2-3 マインド編3 マインドセット22
3-1 英語の壁を簡単に超える方法
3-2 ebay/Amazonの特徴

第2章 準備編

1-1 ebayへ登録しよう
1-2 paypalへ登録しよう
1-3 ebay・paypalアカウント紐付け
1-4 ebay初期設定
2-1 Amazonへ登録しよう
2-2 payoneer/Worldfirstへ登録しよう
2-3 販売準備を進めよう
3-1 国際配送について
3-2 ebay禁止事項/ポリシー
3-3 amazon禁止事項/ポリシー
4-1 外注化センターを無料登録しよう
4-2 大量出品ツールの使用準備
4-3 amazon大量出品ツールを無料登録しよう

第3章 リサーチ編基礎編

1-1 無在庫販売の考え方
1-2 基本的なリサーチ方法
1-3 初心者向きのリサーチ
1-4 ebay出品方法
1-5 amazon手動出品方法
1-6 ebayを悩まずに10品出品する方法
2-1 利益計算
2-2 販売手数料
3-1 ebayに出品する前に評価をもらおう
3-2 絶対に押さえておくべきebayアカウントを守る方法と見方
3-3 amazonアカウントを守る
3-4 海外に発送と注意点
3-5 ebayリミットアップをしよう!

第4章 ツールと外注化センターをフル活用編

1-1 そもそもツールとは?
2-1 大量出品の考え方
3-1 商品情報はAmazonから取れる
3-2 ASINとは?
3-3 ZonAsinHunterについて
4-1 GodHandとは?
4-2 GodHandの機能
4-3 GodHandの使い方
5-1 GodHandでの攻め方<Amazon編>
6-1 GodHandでの攻め方<ebay編>
7-1 外注化センターとは?
7-2 外注化センターでできること
8-1 外注化センターを使うことでできる戦略
8-2 完全手離れへの近道
9-1 自分ですること任せること
9-2 GodHandと外注化センター出品から取引終了まで
9-3 さらなる展望~事業拡大に向けて~

第5章 神業〜無在庫編〜

1-1 神業とは?

1-2 利益率を上げる為の考え方
そもそも利益率を上げる要素は非常にシンプルです。
「高利益率発生条件」とは?

1-3 商品の特性を掴む(ヘッド、ミドル、テール)
商品の特性を掴まず販売するのは非常に危険。
利益率を決める区分けとは?

2-1 楽して効率よく稼ぐ究極奥義「ズラし」とは?
最も効率的かつ効果的、
不変の販売法「ズラし」の詳細とは?

2-2 ズラすポイント(各種ズラし詳細説明)
一口にズラすといっても様々なバリエーションが存在します。
詳細を解説。

2-3 相手に勝つ事に全てを集中せよ!
販売を進めて行くうえで常に「ライバル」は存在します。
そういった相手より上を行くにはどんなことが必要か?

2-4 ライバルに差をつけるタイトルの付け方
ライバルに差をつけるebayの「タイトルの付け方」とは?

3-1 ライバル不在のジャンル(商材)を見つける方法
あなたが一番望むであろう
「ライバル不在のジャンルで商材を見つけ続ける」
『あるポイント』とは?

3-2 超効率的!スッポンリサーチとは?
「ズラし」と組み合わせると更に威力大!
「スッポンリサーチ」とは?

3-3 戦う敵と戦わない敵
販売を進めて行くにあたり
「戦ってはいけないライバル」も存在します。
その相手とは?

3-4 色々な角度からリサーチしてみよう!
様々な角度からリサーチすることができれば
更に発見できる商材の幅は広がります。

3-5 裏技!プッシュ型販売とは?
僕がこっそりこの手法だけで
累計利益150万〜200万くらい得ていた手法です。

第6章 神業〜有在庫編〜

1-1 有在庫のメリット
有在庫を持つ事で飛躍的に販売を拡大することも可能です。
有在庫販売のメリットとは?

1-2 有在庫を持つべきケース
どんな場合に有在庫を持つべきか?
これを見極めないと在庫地獄になりかねません。

2-1 永久に稼ぎ続けるマル秘テクニックとは?
○○で商品を○○して仕入れる。
これを行うと競合に苦しむことなく永久に稼ぐ事が可能です。

2-2 オークション利用法
ebayの機能としてオークションがあります。
「相場が安定しないから避ける」人を逆手に取った戦術。

2-3 有在庫の賢い使い方
有在庫販売を行うのに一番賢い方法とは?

3-1 もしも商品が残ってしまったら?
有在庫販売を行う以上在庫が残ってしまうこともあります。
その場合の正しい在庫の捌き方を解説。

3-2 無在庫、有在庫複合型実践エピドード対談音声
最終的には無在庫、有在庫の複合型が理想です。
それを体現している教え子との対談音声を公開!

第7章 神業〜外注化編〜

1-1 外注化とは?
コメントなし

1-2 外注化する際の注意点
外注化とは「人を雇うこと」です。
その際に非常に重要な注意点とは?

1-3 外注の相場とコストを下げる方法
外注採用の際に気になるのが「相場」
これを大きく外すと全然採用できなかったり
無駄なコストをかけることになります。
相場とコストを下げる方法について解説

2-1 外注採用サイト
外注さんを採用するサイトとは?
その操作等の解説

2-2 外注採用文章と注意点
外注さんで主に多い層はどんな人か?
またそういう層に響きやすいのはどんな文言か?

2-3 外注化すべき作業
何の作業を外注化するべきか?
その詳細について解説

2-4 急募の場合のテクニック
急いで人が欲しい!
担当者が辞めてしまった!
という場合どうしたらよいか?

3-1 外注マネンジメント
外注化は「人とのコミュニケーション」です。
マネンジメント能力がある程度は必要となります。
外注さんとの適切なコミュニケーションとは?

3-2 外注化した際にやってはいけないこと
また、外注化した際にやってはいけないことがあります。
その「あること」とは?

3-3 外注化する際によく使うツールと使用法
外注化する際に指示を出したり、
質問に回答したり、ファイルを共有したりするのに
必要となるツールについて解説。

12月 012016
 

「ライトダンス」という中国輸入代行業者

http://www.sale-always.com/

ここの会社の所在地は
中国一の卸市場の義烏です。

送金銀行がゆうちょ可能ですので
日本とのパイプがあるのでしょう。

買付手数料が5%で
簡単な検品もしてくれる。

一番心配な日本語対応もほぼ万能のようです。

片桐塾でイチオシされている業者
「ヲヲフェニックス」
http://wowophoenix.com/
手数料は7%と少し高いです。
日本人が関わっているからです。

「代行業者も戦国時代だ!!」

以前アマゾンで販売する中国人セラーが
どんどん出現していると言ったが、
代行業者の分野にも中国人が狙ってきている。

私はアマゾンリサーチ中に
彼らを観察していますが、
中国人はだんだんと力を付けてきている。
これは侮れない相手です。

だが安心してほしい。
日本男児の私が教える。
どんな奴が来ても勝てる物販の『奥義』を。

みんなカネのためのビジネスをしている。
カネが儲からなかったら嫌になって辞めちゃうの。
その時点で負け。

だが我々日本人は愛国心がある。
それで勝負する。

「日本を明るい豊かな国にするためにビジネスをするぞ!!」

というマインドでビジネスをするのだ。

中国人に愛国思想は薄い。
なぜなら巨大な多民族国家であり、統治が困難。
現在、香港や台湾に圧制を強いている。
要は仲間割れ。
これでは愛国心は育たない。
じっくり腰を据えてビジネスをしない、できない。
消費者のことを本気で想う中国人は少ない。
だから我々日本人は負けない。

カネで自分を律するのではない。
日本を想う熱い気持ちがあなたを動かす。

あなた:そんな綺麗ごとだけで儲かるのですか?

俺:不義不信や慈愛なき経済社会の中で生きたいですか?

核戦争が起きない限り、資本主義は続きます。

その資本主義を制するのは
結局のところ『愛』だってことですよ。

2月 202016
 

中国の商品を日本へ輸入する場合
必ず現地で検品・代金などのやりとりをする
仲介屋が必要となります。

タオバオ代行.biz/

タオバオ比較

タオバオ通信

これだけあるということは
中国輸入プレイヤーが多いということでしょう。

ライバルが多いのは痛いですので
「独自性」を確立することが
生き残りのための必須となります。

ビジネスは甘くないよ。

10月 242015
 

こちらも船原社長の経営会社です。
倉庫は中国の広東省にあるようです。

http://leadexpress.asia/

中国と茨城県「テラロジ」の
2か所も配送センターを持っている。
連携していますね。

経営する会社が違うのは
日本でのビジネスは日本登記の会社しか
認められていないからだと思われます。

税金を嫌ってシンガポールに移住した船原さん。
なぜ日本で物流会社を?

おそらく日本での資産構築は考えていないでしょう。
情報・ノウハウ収集のための投資かな。
メルマガのネタ用にでもと。

理由はまあ置いておいて。
この「リードエクスプレス」と「テラロジ」は
連携しているので、
中国輸入業者は2つとも利用できる
おまとめ価格設定で
“分かりやすく”がいいですね。

船原さんのメルマガから聞いたところによると
何でも欧州やアメリカでも
物流基地の新設を計画しているとか。
今まで蓄積した資金が飛んでるみたいです。
急がなくても大丈夫ですよ。
まずは優秀な人材を育ててから。
でないと足元すくわれます。

「商売は人とカネで失敗する」

あとは投資に走らず
おいしい話(詐欺の臭い)から遠ざければ、
まず失敗しませんね。

焦らず攻めてほしい。

10月 222015
 

船原徹雄社長が経営している
配送代行会社です。
物流所在地は茨城県常総市にあります。
少し前に洪水で被害に遭われたようですが、
保険もあってか何とか立て直したそうです。

http://terralogi.com/
(テラは大地という意味)

【サービス内容】

月額会員料:9800円
最大保管期限:60日
FBAシール、簡易検品、写真撮影など

※2015年10月現在
中国輸入、海外輸出は準備中とのことです。

(今年スタートしたばかりの会社ですから)

船原さんの会社は物流系ではなくて
物販系ビジネスで成長した人なので、
これらは早期に対応してくれるでしょう。
(自分の物流サービスを自分でも利用する)

個人で月収100万円ある人は
代行業者を利用した方がいいと思います。
梱包・発送だけでも時間がかかり、
その分リサーチや学習の時間、
自分のフリータイムを奪われます。
雑用はお金を払ってでも誰かにやらせて
自分は自分でしかできないことをする。
もしくは自分のステップアップのために
有限な時間を使う方が賢いでしょう。

【私から余計なお世話】

月額制よりも年額制の方がいいと思う。
もちろん前払いで。(約12万円ですか)
そうすれば顧客が安定して管理しやすく
月々の計算も楽だし、
未払い顧客の対応に頭を抱えずに済むからです。
年額一括で払えるくらいの月商すら持てないなら、
会員としては入会させるべきではない。
つまり敷居を高くして、
自社の物流事業を洗練させるのを優先すべきです。

「B to Bがいい」

私はきりん便という倒産した代行業者を知っています。
対応が遅くて内部は混乱していたように思えます。

まずは企業相手のビジネスで
収支の安定を図ったり、
システム全般の準備を整えるのが
先決だと勝手に思ってます。
一考にでも。