ブックオフ中古本せどりだけで年商10億円!

船原徹雄さんのメルマガで紹介された
『しろくま発送代行』

書籍・CD・DVDなどFBAの手数料値上げにお困りの中古メディア販売社様 手間なく安価にFBAサービスを完全代行いたします!|しろくま発送代行

何と中古本せどりで年商10億円!
(プラス中国輸入と発送代行業)

サブ倉庫を見ましたが、
まるで小さな図書館のようです。
(漫画本は映っていない)
メイン倉庫はこの3倍のデカさ。wow

船原Twitterで確認
https://twitter.com/funahara

何でも

・1日2000冊発送
・ブックオフ全頭リサーチ
・年間3億円分の仕入れ
・棚や台車を自作
・梱包材はコスト削減のため中国から大量輸入
・中古本はライバルが少ない
(漫画セット本せどらーがいるくらい)

だそうです。

「純利益はいくらなのだろうか?」
(想像ですいません)

売上高:10億円
仕入れ原価:3億円
アマゾン手数料10%:1億円
配送料:180円×2000冊×365日=1.3億円
梱包材:10円×2000冊×365日=730万円
倉庫借り賃:50万円×12か月=600万円
人件費:社員2人+アルバイト10人=3000万円?
棚卸在庫:3億円?
経営者報酬:2000万円
税金で半分になる

税引き後の純利益:年5000万円?

しろくまの発送代行サービスは
アマゾンからメディア品が売れたメールを
自動で受け取って梱包して発送してくれる。

私らがすることは
仕入れ、出品登録、(OPP袋入れ)、商品ラベルシール貼り、
配送(輸送)ラベル貼り、しろくま倉庫へ発送する。

商品ラベルは商品認識のため。だがなぜ
配送ラベルを貼る必要があるのかは疑問。

アマゾン購入者宅へ
厚さ3cm以内のメディア品を送る方法は
クリックポストかゆうメールのみ。
(料金が上がっている)

これが面倒くさい。

梱包と配送手続きとポストまで移動。
私の場合はほぼすべてFBA納品してますが、
FBA手数料や在庫保管手数料が年々上がっている。
これがバカにならない。

もし現在あなたが独りでせどりをやっていて
毎日のように中古本が売れすぎて
てんてこ舞い状態ならば、
しろくま代行を使ってもいいと思います。
私はFBA納品でシコシコ売ってますが。

本を買う人を好きになった。
私は今まで本をアマゾンで 300冊以上を売りました。 (半分以上がビジネス関連本) 本だけで言うならば 今まで返品されたことが1度もない。 (送り先住所不定が1回あるだけで) 中国輸入物は数多くあるし、 (バッド評価が...

私はこの記事で書きましたが、
紙本はまだまだ売れる。

電子書籍が出た時、
「あ~あ、もう紙本は廃れるわ」と
早とちりしてしまったが、
私たち昭和世代も、平成世代の若者も、
学校では紙の教科書を使ってきている。
令和でも使っていくことでしょう。

とすると紙の書籍の需要はまだ健在。
だから中古本せどりでも儲かると言える。
実際にしろくま代行さんも儲けている。

デメリットは
・1冊当たりの利益額が小さいこと
・仕入れから発送まで肉体労働なこと
・在庫管理が大変なこと

逆にメリットとして
・だからみんなやりたがらない=ライバル少ない

もしあなたが本気でやる気なら
田舎に行って、
広めの1F部屋を借りて、
そこに中古本の在庫を保管して、
ブックオフやメルカリで本を仕入れまくって
アマゾンでガンガン売りましょう!
(儲かったら最初にバイトを雇おう)

注意:くどいほど言うが、最初はジャンルを絞れ。

成功モデルがこうしてあるのならば
マネしてやれば儲かる(はずだ)ワーイ

1つに絞って、力を集中させれば、
年商○○億円まで行けるという証拠。

本が苦手なら
フィギュアでもカメラでも古着でもいい。
トレカでも高級ブランド品でもいい。

肝心なのは仕入れ金をどうするか…

しろくまTwitterは休憩中
https://twitter.com/shirokuma_daiko

【追記】
私がこうしてブログに書いても
あなたは絶対にやらないでしょう。

【後記】
ツールで全頭リサーチして
在庫がたくさんあることは、
ツールは万能ではないという証拠。
資金的に耐えられないほど在庫を持つのは危険です。

コメント

error: Content is protected !!