地方せどらーは倉庫業をやってみよう。

ヤフオクの無在庫転売禁止で
アカウント停止した人が
先月の3月で多数出たそうです。
彼らは再就職もしくはフリーターに逆戻り。

この規制の事実を知らない情弱に
そのノウハウのコンテンツを販売する。

せどりや転売も厳しくなって
今から参入する人は
以前に比べると相当不利な立場にいる。

それを承知で
せどりのノウハウを制作し販売する。

「あなたならオワコンを堂々と親兄弟に売れますか?」

※オワコンとは“終わったコンテンツ”の略
つまり役に立たないコンテンツのこと。

私は絶対にそんなことできません!!

以前紹介した伊藤宏和君だけにでもいい。
私のこの言葉を届けたい。

「店舗巡りのせどりをするな」
「コンサル生にはその厳しさを教えろ」
「お金を用意できれば倉庫業に挑戦してほしい」
(できれば倉庫兼店舗)

特に首都東京の人は自宅が狭い。
そんな東京せどらーのために
(ネットショップ運営者でもいい)
検品・梱包・発送・保管の代行業をしてほしい。
(アマゾンFBA費用は年々高くなっている)

こんなサービス:
http://ichica.co.jp/fbaindex.html

伊藤君の父母にも手伝ってもらい、
組織で代行業務をやる。
(拡大すればアルバイトを雇う)

偶然にも彼の住む愛知県一宮市は、
私の住所から近い。
探したら倉庫にできそうな安いアパートはある。
最初は小さな倉庫からでもいい。
やってみるといいと思う。

もしそれをすれば
わざわざ全国に店舗巡りをしなくても
倉庫代行手数料を稼げます。
(時間対効果を考えよう)

本だけではなく
おもちゃや家電やファッション系など
カテゴリーにこだわらなければ、
ニーズは確実にある。

伊藤君はWordPressでブログを作れるし、
要領が良さそうなので
始めたらスイスイやってくれることと思う。

集客はYouTubeやTwitter、ジモティ。
ヤフオクでも売れるかも。

お客さんは100人も必要ない。
法人なら1~2社、個人なら5~10人。
全然余裕で集められる。

手ごたえが出てくれば
その都度拡大すればいい。

ECはまだまだ伸びている最中で
倉庫業務のニーズは縮小しません。

同業者(ライバル)がすでにいますが、
それでも足りていないと思う。

コンサルと遠征は疲れる。
倉庫代行の方がよほどマシだと思うが
どうだろうか。

コメント