お金はあるけど退屈なのは地獄。仕事が趣味になると天国。

仕事というものを考えてみた。

生活するためには(生きるためには)
お金が無ければいけない。
お金がないと生きていけない。

あなたもそう思って
嫌な仕事でも我慢してやっていると思う。
それはお金のために生きているという意味だ。
(要するにお金の奴隷)

私の場合、
この会社はもうすぐダメになるぞ!
そんな不安を抱えて働いてます。
社長は勉強しない人だし。
経営というものが嫌いなのかな。

・嫌な仕事
・しんどい仕事
・つまらん仕事
(犯罪まがいの仕事は論外)

私は今の日本でそんな仕事をしていては
間違いなく豊かさとは
程遠い人間になると確信する。

ならどんな仕事がいいかというと
趣味・遊びのような仕事です。

「働きたくない」という意見もあるが
1度でもニートを経験すると
仕事をしない人生は退屈地獄だと分かる。
(嘘だと思うなら1年間ニートしてみ)

アマゾンのベゾスCEOが離婚した。
(原因は不倫か?)
もし富豪の彼がビジネス界を引退したら
老醜をさらすようになったと思う。
なぜなら目標のない男は締まりがなくなるから。
(顔がたるみ、お腹が出る)
もし彼がパートナーであった元妻と共に
経営から身を引き、完全に引退したら、
結局離婚が待っていただろう。
手持無沙汰な夫婦はケンカするから。
(借金貧乏でもケンカするが)
だから男は仕事をし続けた方がいいと思う。
私は一生現役でいるつもり。

あなたも仕事によって
自分の人生を輝かせてほしい。

では趣味のような仕事をするためには
どうしたらいいのか?

サマージャンボのキャッチフレーズに
「1億円 当たれば仕事が 趣味になる」
があったそうです。

あなたも1億円を稼いでほしい。
そうすれば本当に自分のやりたいことが見える。
普通に生きていれば雑音にかき消されて
自身の本心が聞こえない。
絶対に聞こえない。
でも1億円あれば(月収30万円でもいい)
今の仕事を辞めることができる。
無職でも生きられれば
何を好き好んで仕事などするものか。
でもそんな暮らしを3年でもしてみなさいよ。
退屈で孤独で頭が空っぽで死にそうになる。
俺はそんなの嫌だ。

「働くって楽しい♡」

皆がこんな境地に至れるまで
格差社会の阿鼻叫喚は続く。

実は1億円がなくても
自身の本心が分かる方法がある。
病気で寝込むことです。
そうなると嫌でも
自分の仕事や将来のことを考えるようになるから。
荒行は私の本意ではないですが。

「そんなに仕事が嫌なら辞めちゃえ」
「明日辞表を出して終わらせちゃえ」

病気になるよりマシだ。
家族に八つ当たりするよりマシだ。

ネットビジネス(ネットの力)で
私は日本を天国にしたい。
天国にしないと日本は滅亡してしまう。
それだけは避けたい。

このブログは日本天国化運動の1つです。
今後も宜しくお願い致します。

コメント