自分独自の視点で語ること=差別化

アメリカ在住2年目の日本人中学生が
Brain教材を販売していて買ってみた。

『中学生がネットで稼ぐ』

ジョージア州アトランタに住む
現在中学2年生のアメカイ君。
彼の両親は共に日本人でしょう。
なぜならどちらかがアメリカ人なら
SNS発祥の国の情報には敏感なはず。
Twitterを5年前から始めていてもいい。
でも2018年5月に開設しているから。

https://twitter.com/amekai0

教材の内容はネット界隈では常識的なこと。
でもこれを14歳で知っていることは
とても財産になっているはずです。

ハマれ、行動しろ、継続させよ、
PDCA、3つを掛け合わせろ、

などどれも大事なことですから。

ポジショニングとして
「中学生」というワードは使える。

一番苦労しているのが親との関係。
これはここでは明かさないですが、
相当苦労しているようです。

彼の親が中学生の時
SNSなんて無かったですから、
理解してもらえなくて本当にもどかしい。

でも仕方ない。
大人になるにつれて皆
常識や固定観念に囚われてしまうものだから。

こちらのネットでの収益報告も買いました。

『アメカイ君の月間報告記録』

アフィリエイト、アドセンス、
note、スポンサー、動画編集など

月に3万円半ば稼いでいるようです。
(比率はnoteが大きい)

2020年1月はアニメを見てしまい、
作業がおろそかになってしまったようです。

そんなにアニメが好きなら
アニメブログを書けばいいのにね。

彼はビジネスを始める前は
ゲーム漬けの毎日でした。

そんなにゲームが好きなら
ゲーム実況をするといいのにね。

YouTubeを開設しているようですが、
現在動画は上げていません。
やはり顔出しは親に止められているのでしょう。
ゲーム実況は最適ですよ。

彼のブログです。

Amekai Blog
アメリカ在住の中学生のブログ|アメカイ

ブログの開設が2019年7月。
記事数は100もない。
長文になるとなかなか書けないもんですよ。

よく見たら隅でゲームのことに触れている。

私の場合で言わせて頂くと
ブログの書き方やプログラミングについては
そんなに知りたくない。
なぜなら中学生に聞くくらいなら
成果を上げている大人から聞けばいいから。

私が知りたいのは
アメリカに住む中学生から見た世界について。

・アメリカのアニメやゲーム事情
・すごいアメリカ人や変なアメリカ人
・日本にはないお店やサービス

大人の視点と子供の視点は違う。

それをウリにして情報発信してもらいたい。

「中学生」というパワーワードを利用して。

コメント

error: Content is protected !!