遠征する店舗せどりはするな。

このブログの伊藤宏和さんは
マンガ文庫のセット本売りで
ネットビジネスに参入した。

超後発組 X ネットビジネス成功戦略!

全国のブックオフに
お宝さがしに行くわけですが、
デメリットが大きすぎて
私は賛成できない。

【店舗せどりのデメリット】

・仕入れ資金が必要
・ホテルなどの滞在費が必要
・車が必要
・移動時間がかかる
・仕入れから販売成立までの期間が長い
・お宝が見つかるかどうか未知
・同じ商品が同じ店舗に2度あることはほぼない
・セット本は重くてかさばる
・だからFBA保管手数料が高くなる
・納品配送料も忘れるな
・FBA納品するために帰宅しないといけない
・中古本のクリーニングという手間
・ビニール梱包の手間
・旅先にてセラーセントラルにネット接続したら
アカウント停止の危険性あり(怖い)

※お金も時間も財産。
その両方を取られるビジネスはやるな!!

これを本業の傍らでする副業にはできない。
物理的に不可能だから。

もし店舗せどりをするならば
必ず自宅や職場近くの店舗のみにする。
合わせてネット仕入れを行なう。
メルカリ・ヤフオク、
販売先のアマゾンでも仕入れできる。
(これをアマゾン刈り取りと言う)

伊藤さんは大手食品メーカーに就職し、
アメリカでの駐在中に
利益第一のアメリカ流経営を
徹底的に叩き込まれた。
どうしてその大手の会社を辞めたのかは
分かりませんが、
海外で活躍することに楽しさを覚え、
中小企業メーカーの海外営業職に転職する。
彼の頑張りもあってか
売上げを2.5倍にできた。
それなのに経営者一族に嫌われてしまった。
利益第一の考え方が気に入らなかったのでしょう。
居場所を失った彼は
「どれだけ会社に利益貢献しても
俺はしょせん会社の道具だ」
と観念し退職する。
会社の同僚ですら
嫌われた彼に何の挨拶もない。
ああ無情。

「伊藤さん、社畜人生から脱却できてよかったね♡」
(私からの挨拶)

あなたに言う。

サラリーマンは社畜だぞ。
正社員だろうがアルバイトだろうが
しょせん会社の奴隷。
期待依存するな。

伊藤社長にアドバイスです。

アフィリエイトもアドセンスもやるな。
儲からない。
でもブログやYouTubeで情報発信は継続していい。
なぜなら物販は仲間を必要とするようになるから。

そして伊藤さんは海外へ行くことが好き。
それならばこれをするしかない。

「自分で企画したオリジナル商品を
中国のメーカーに依頼し製造し、
それを日本や世界に向けてネット販売していく」

この佐藤大介社長の弟子になってもいい。
https://yiwupassport.com/

日本総代理店契約で販売もいいが、
メーカー側の意向に左右される。
ちょっと安心できない。
それならば自分でメーカーになればいい。

せどりコンサルでお金を稼ぐのはいいが、
おそらく疲れ果てて終わる。
過去にそれをした人の教材を私は読んだが、
1000人に教えて継続できているのは1%。
ほとんどが挫折して、
中には恨んで詐欺呼ばわりする。

もしコンサルでやっていきたいなら
法人契約のみで。
私ならやらないが。

ところで食に関する勉強をされたみたいですが、
間違っても飲食関係のビジネスに手を出すな。
あれは上級者向けのビジネスだから。

コメント