本気の人だけに買ってもらおう。

株式会社WBCの高橋一人さんの
情報教材を買いました。
安い方(メールサポート無し)です。
なぜならもうすぐ終売するからです。

⇒あなたのブログ「1万PV」いかなければ全額返金保証
24800円(販売停止)

⇒ブログPVと収入を増やす【公文式メール講座】
2980円(販売停止)

高い方はメールサポートが何と
6か月間回数無限でできます。
しかも全額返金保証付き。

なぜ安い方を終売にして
高い方を販売しだしたかというと、
彼は本気でブログで稼ぎたい人だけを相手にしたい。
安いと本気の人が集まらないと考えたからです。

ブログ記事を書くのはしんどい。
頑張って書いても報酬ゼロが続く。
9割以上がそこであきらめてしまう。
そうしたら1万PVも何もあったもんではない。

もし高橋さんに成果を出させる自信があれば
値段を高くして返金保証つければいい、
そんなことを同じ情報企業家に言われたそうです。

私はそれに同意します。
本気だったら高額教材でも買う。
でも何となくなら買わない、買えない。

※「高額=質が高い」とは限らない。
詐欺には気を付けましょう!!

覚悟のない気の緩んだ人に買われると
変な口コミが広まる可能性がある。
中にはヘボ教材と決めつける人も出てくるかも。
(安いアマゾン書籍のレビューに多い)

自分が買ってほしいと思うターゲットを
事前に明確に決めておいてから、
そのターゲットに向けてセールスレターを書き
ターゲットの集まる場所にて宣伝をする。

「ブログアフィリで稼ぎたい人が集まる場所はどこだ?」

副業で在宅仕事で生活の足しにもなれば…
そんな人が集まるサイトなら
ランサーズとクラウドワークスかな。

教材を販売するなら
インフォトップやインフォカートはいい。
誰かが勝手にセールスしてくれるから。
(ココナラで高額は売れません)

購入したばかりで高橋さんのこの教材の
バックエンドがまだ分かりませんが、
おそらく7か月目からの有料サポートでしょう。
(月額1980円か)

もしブログやブログアフィリで
PVに悩んでいる私みたいな人は
この教材を買ってみてはどうでしょうか?
私は保証しませんが(苦笑)

教材を購入した私から特別に
各章の概要を抜粋掲載しますね。
これは参考になるはずです。

【第0章】

ブログと検索の仕組み(基礎編)

「ブログにアクセスを集める方法」
=「検索の仕組み」を知ることで、
なぜ?「検索の仕組みを知れば、一生困らない」
のかが理解できるようになります。
「検索の仕組み」を知らないからPV増えない…
だからみんな1年でブログを辞めていってしまうのです。
一方、あなたには誰よりも早く、
短期間でブログで成功する可能性があります。
人生を変えるチャンスがあるのです。

【第1章】

記事ネタを見つける(ネタ編)

ブログの悩みの1つ「記事ネタがない…」
悩みを解消する事ができます。
この章で「あなた独自の記事ネタ」を
大量に発見できるようになります。

【第2章】

文章がスラスラ書ける(文章編)

もう1つ、ブログの悩みで多い
「文章が書けない…」を解消する事ができます。
この章では、文章が苦手な人でも今後、
文章がスラスラ書けるようになる方法や
テクニックを伝授します。
今、文章が苦手で…と悩んでいる方もご心配なく!
将来的には、ブログが楽しくなりますよ。

【第3章】

短期間でPVを爆発的に増やす
ブログの書き方(記事編)

かなり勘違いしている人がいるのですが…、
ブログでは「ただ記事を書けばよい」
という訳ではありません。
「PVを爆発的に増やすブログの書き方」があり、
この方法は私が試した中で、
現時点で一番効果的な方法です。
この「書き方」なら、
今から始めるブログでも上位表示でき、
ライバルも逆転可能になります。
逆に、これを知らずにブログを書いても
全くPVが増えず疲れて
ブログをやめることになるだけです。

【第4章】

PVを右肩上がりにアップさせるテクニック
(更新編)

「PVアップするテクニック」を使う事で、
誰よりも早く、より短期間で
ブログを成長させることができます。
他のブロガーがほとんどやっていないことばかりなので、
「PVがなかなか増えない…」と悩んでいる方なら、
これをやるだけでもPVかなりアップしますよ。

【第5章】

「キーワード」を制する者は
「ブログ」を制する(キーワード編)

ブログ記事を書く上で重要な事の1つが
「キーワード選び」です。
なぜなら、キーワード次第で
PV数が大きく変わってくるからです。
だから
「ライバルが知らないSEOに強いキーワード」
が発見できるこの方法は、
ブロガーなら誰でも
「ノドから手が出るほど欲しい」情報。
「キーワード」を制する者は「ブログ」を制する。
この方法を知っていれば
もうブログで困ることはありません。

——-
ここまでになります。

何か教材からの気づきがあれば
このブログで披露しちゃいますね。
タダはダメですが(苦笑)

コメント