10月 292016
 

現在ライスワークラボに入っていて
https://business.naokilovesyou.com/?p=2070
案の定、コンサルの案内が来た。

・国内転売せどり3期(10万円)
・BUYMA輸入(18万円)
・トレンドアフィリエイト(25万円)
(SEOアフィリエイト:25万円)
・PPCアフィリエイト(29万8000円)

まあそんなもんでしょう。

各人の案内紹介音声があり
転売せどりの細野氏のものを聞いていたら、
通信講座の方を受講している人数が18人とか
ちらっと話されていた。
(注意:私は正確な人数を把握できていません)
だからコンサル応募も多くてせいぜい15人だろうと。

彼が言うには2期で33万円の塾費用を払ったある人が
33万円を回収した矢先にしんどいから辞めたそうです。
(しんどくない・簡単に儲かる商売はないぞ)
慣れていない最初は大変さを感じやすいものです。

それにしても有在庫物販(仕入れのある販売ビジネス)は
全然人気がないということが分かります。

言っとくけどモノを販売するビジネスというのは
過去にもあったし、現在も行なわれているし、
今後もずっと存在し続けますよ。
少なくともあなたが死ぬまでくらいは。

ということは物販は永続的であり、
手堅いビジネスだということです。

それでも在庫というのを皆さん嫌がる。
(実際稼いでいる人でも嫌がってます)

どうして在庫を持ちたくないかというと
売れない(現金に戻せない)と思っているから。

でもちょっと考えてほしい。
ヤフオク1円出品なら売れるはずだし、
安くしないと売れない商品なら
今後仕入れなければいいだけです。

「仕入れた商品100%が利益を出せるなんて絶対にない」

これを頭に入れて下さい。

・即売れないもの(1か月以内)
・安くしないと売れないもの
・ライバルが増えたもの
・仕入れ元が値を上げてきたもの
・メーカーが追加で大量生産してきたもの
・質が良くて安い代替品・似たような商品が登場したもの

この条件のものは仕入れない。
在庫があるなら即売りさばく。

そうしていくと売れやすい在庫だけ残る。
消費者の好みの動向を知れるようになる。

それが次回の仕入れ判断の役に立つ。
発注数量などの慎重さも覚える。
(ギャンブルはするな)

もう結論を言ってしまおう。

「ネット物販ほど稼ぎやすいものはない!!」

【理由】

・E-コマース(ネット商取引)は伸びている。
・初期投資、固定費がほとんどかからない。

この2点だけで挑戦する価値がある。

【加えて】

・個人であろうが誰でも仕入れができる。
・個人であろうが誰でも販売できる。

ネット物販をするための特別な資格取得は必要ない。
(古物商を除く。自動車免許はあった方がトク)

あなたはアマゾン、ヤフオク、メルカリ、楽天で
一度は何かを買ったことがある。
それはセラー側が儲かったことを意味している。
(もしくは在庫処分だったかもしれないが)

誰も儲からないことはしないはずなので、
セラーとして活動しているということは
利益を出している何よりの証拠。

今度はあなたがセラーになる番ではないですか?

できるなら仕掛ける側に回って下さい。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA