8月 162016
 

ネッテラーからこんなメールを受け取った。

申し訳ございませんが、
2016年9月15日より、
ギャンブルを目的とする
NETELLER が提供する決済処理サービスを
お客様の国ではご利用いただけなくなります。

これに従い、この日付以降、
お客様にはNETELLERを経由して
ギャンブル運営会社との間で
送金または送金のお受け取りをご利用いただけません。

大変残念ではございますが、
ご理解いただきますようお願い申し上げます。

——–

「お客様の国では」と言っているので
日本だけ禁止のようですね。

スポーツブックをしている人は
Skrillしか方法がないですね。
(もちろんPaypalではできません)

FXはどうなのでしょうか?
やはりダメだと思います。

私の推測ですが、
博打は禁止だからという理由だけではなくて
(競馬や競輪、FXなど日本でも行われています)
海外への脱税目的の送金を防止するために
日本政府が圧力をかけてきたからだと思う。

マイナンバーで海外口座までは把握できにくいし、
それならいっそ海外送金をできなくしてしまえ。

商品仕入れ目的、販売代金受け取りならば
法人から税金を取れる。
個人でも大きな資金のやり取りなら発覚しやすい。

いよいよ個人資産を強制的にでも
没収しなければ立ち行かなくなったというところまで
日本の財政は火の車だという証拠でしょう。

私が資産家なら海外へ大移動します。

5月 042015
 

http://sports.williamhill.com/bet/en-gb(大手でおすすめ)

http://www.bet365.com/home/(大手でおすすめ)

http://www.sbobet.com/euro(個人的におすすめ)

http://www.pinnaclesports.com/(大手で超おすすめ)

http://jp.10bet.com/sports/(おすすめ)

https://www.bwin.com/

http://www.bet-at-home.com/start.aspx

http://www.betonline.ag/

https://www.thegreek.com/sportsbook/

http://www.intertops.eu/

http://www.188bet.com/en-gb/

http://www.betcris.com/sportsbook.aspx

http://www.marathonbet.com/en/home.htm

http://www.888sport.com/bet/

https://www.canbet.com/(bet365に買収されたと思う)

http://sports.ladbrokes.com/en-gb/#main(日本人はアカウントを持てない)

http://www.betfred.com/sport(日本人はアカウントを持てない)

http://eu.12bet.com/EuroSite/Euro_Index.aspx?20110303(日本人はアカウントを持てない)

2月 192015
 

スポーツブックとはスポーツ賭博のことです。
日本では禁止されていますが、
海外では合法です。

私は過去にテニスの勝敗を賭けていたことがあります。
ボロ負けで資金をすべて無くしましたが。
利用サイトはここです。

http://www.pinnaclesports.com/

3つくらいのサイトを比較しましたが、
ここが一番よかったです。
なぜなら入出金が簡単だったからです。
利用銀行はNetellerです。
Paypalではショッピングのみで
ギャンブル系は受け付けてくれません。
ですのでNetellerの口座開設が必要です。

ギャンブルの胴元は出金を嫌がります。
なぜなら送金されたお金は、
最終的には胴元のものになると分かっているからです。
賭けをする人の9割が負けるためです。
私も負けました。
よって出金する時にトラブルになりやすいです。
自動車免許証・パスポートや
住所記載の健康保険証・公的機関のハガキなど、
暗証番号などと少しでも怪しまれたら
出金できません。
日本語の流暢な方も所詮従業員の一人であり、
会社の命令(できるだけ出金は止めてくれ!!)に従う。

英語ができない人はちょっとしんどいです。

それでもスポーツブックをやってみたい方がいたら
とりあえずピナクルでやって下さい。
ここではトラブルなく出金できました。
私の経験でしかないですが。

ただし、為替のレートは不利になっています。

最後にスポーツブックはギャンブルです。
遊び程度でほどほどにお願いします。
(個人的には止めた方がいいと思う)