8月 062016
 

※PPC広告とは、
画像やURLをクリックされた数だけ
広告費を払えばいいという広告です。
(極めて合理的な販促手法です)

知り合いの香港人から聞いた情報ですが、
Google広告は効果的ではないから
今Facebook広告をしていると。

私はあまりGoogle検索はしておらず
Yahoo検索を好んでしていますので、
Google広告は見ませんが
Yahoo広告はよく見ます。

「広告がうっとうしい。目障りだな」

というのが素直な感想です。

時々ですが間違えてクリックしてしまう時がある。

「あ、この人に1クリック分の費用払わせてしまったな」
「ごめんね」

多くの人がこれをしただけで
どれだけYahooに貢がねばならないか。
中にはそのことを知ってて
嫌がらせ・いたずらでクリックしまくる人がいるかも。
暇な奴も多いから。

ですがFacebook広告ならどうでしょうか。

実名・顔出しが基本のFacebookなら
嫌がらせは少ないはずです。

ですが私は広告を使って集客は反対です。
商品などを知ってもらうためだけならば賛成ですが、
バックエンドなどの何かを売ろうとしての広告なら
あまりおすすめしません。
なぜなら嫌がられるからです。

「なんだ、こいつも売るためか」
「金儲けに精を出すのはいいけど、俺のメリットはどうなんだよ」

そうなったら広告主のイメージダウンで
私のようなブロガーによって知れ渡ります。
(悪いことは良いことより3倍も速く広がる)

ではどうすればいいのかというと
自分の見込み顧客層のリストを
すでに持っている人やフォロワーがいる人に
紹介料を支払って紹介してもらう。
それが一番効果的でしょう。
もちろん紹介者が「これはいいね」と
納得してもらえるだけの商品であることが前提です。

つまり結局のところ
商品の質や内容の良さが決め手なんですよ。
昔は広告費用対効果が高かったのですけどね。
今はなかなか通用しなくて…。

8月 012016
 

アマゾンの商品画像や
楽天でのモデル写真、
オリジナルネットショップのショップデザインは、
第一印象で引き付けなければならないため
ものすごく大事です。

株式会社バーチャルイン
http://www.photo-o.com/

この会社はE-コマースのための画像や動画を制作してくれる。
デザインや編集技術はもちろん素人にはできないレベルだ。
お金を払って依頼するだけの価値はある。

もしアマゾンで新規ページを作る場合、
その商品が自社オリジナルか
すごく愛着のある商品ならば、
きれいで分かりやすい画像を作ってほしい。

アマゾンの中国輸入品の中には
汚い画像を使っているものも見受けられます。
(しかも一番見られる1枚目画像ですら)
売る気があるなら画像にこだわろう。

特にアパレル商品はモデルとコーディネイトです。
専属のモデルを抱えている会社ですし
デザインもやっているので、
その専門性と安心感で丸投げ依頼もいいですね。

追記:この会社はPPC広告を打っていた。
ヤフーで上位表示されているのに関わらず、
それだけ集客は大変なんですね。

5月 092016
 

グーグルアドセンス広告で見かけました。
こんなの。

『ハンダ付けのやり方DVD』

ハンダ付けって
工業系、工作系の専門家やマニア向けですよね。

なぜアドセンス広告で販促を?

私ならA8ネットで広告を打って
アフィリエイターに売ってもらおうとします。
それだとハンダについて知りたい人が
よく見てくれるブログに貼り付けることができて、
成約につながりやすいからです。
もしくはアフィリエイターが必死で専門ブログを作って
ガンガン販売してくれますよ。

ゴッドはんだの野瀬社長、ご一考を。

それにしてもハンダ小手の使い方を教えるコンテンツ、
それをDVDにして売るというのは賢いですね。
日本で1億人もいたら誰か買いますよ。

私らも何かコンテンツを作って販売したら
売れそうな気もしますけど、どうだかなあ。

一流のスキルや実績などが何もなければ
他人の商品でも売りましょう。

アフィリエイターは全国で400万人いるみたいですが、
その99%は脱落してしまいました。
ブログアフィリエイトで稼いでいる人は実際います。
PPCアフィリエイトもいることでしょう。

あなたも損が少ないビジネスであるブログアフィリを
1つくらいは作ってみましょう。
もしくはいっそのこと独自コンテンツを制作しますか?
どっちもダメそうなら転売しかありませんね。

11月 302015
 

初心者には分かりやすい動画ですね。

この公式サイトに詳しく書かれています。

http://marketing.yahoo.co.jp/service/promo/

よく見るとTwitter広告について説明されてます。

どうして他社のことを?

分かりません。
おそらくヤフーJapanをフォローしているフォロワーに向けて
ヤフーが広告を表示してもらえるものだからか。
それだとTwitter側から非難が来そうですね。
う~ん、トップ同士が仲が良いから
お互いWin-Winで、かも。

私は広告業界についてはよく分かっていません。
これから勉強ですね。

5月 152015
 

大黒(だいこく)龍というPPCアフィリで稼いでいる方が言っていました。
ツイッターではアフィリリンクが貼られているツイートは削除され、
グーグルもアフィリエイトサイトは除外し、
ASP側も凝ったサイトでないと承認されない。
ペラサイトならアカウントを削除されるとか。
(ヤフーリスティング広告はまだ大丈夫らしい)
(FacebookやYoutubeは大丈夫だと思います)

彼は言う。

「広告費を出さないと儲からない」と。

だから凝ったサイトを制作し、
広告費を出してPPCをする。

※PPCアフィリはお金を出してアクセス(集客力)を買う。

ただしそれは商品の広告だけにした方がいいと思う。
なぜなら「客=カネ」だと思ったらお客さんは離れますから。

人物ではなく商品が主役ならば
広告費を使ってその商品をアピールすべきです。

逆にコンサルや塾経営者は人物が評価されますので、
「この人なら信用できる!!」と思われるように
下心を無くす心構えとして
広告費は止めるようにとアドバイスさせて頂きます。

12月 092014
 

神谷優太というPPCアフィリエイト塾を
開催している青年から
無料オファーの案内が来た。

※無料オファーとはメールアドレスを登録すると
1件300~500円の報酬がもらえるというもの。

彼はPPCで稼いでいないように思う。
なぜなら無料オファーに登録したら
必ず高額商品の勧誘が待っており、
無料オファーに登録している人は
もういい加減うんざりしているから
うっとおしいメールが来るのが嫌で
購読解除するのですが、
それでも送ってくる奴がいるので
本当に困ったものだからです。
(中国人らしき人から迷惑メールも来るようになる)
みんなが嫌がるそれを紹介するということは
お金を稼いでいない証拠です。

「なぜ得意のPPCで稼がないのですか?」

自分のPPCアフィリエイトの良さを少しずつ
読者の皆さんにメールで知ってもらうのならともかく、
他人のビジネスを紹介しているようでは
彼は偽者と見た。

説得力のあるトークで好感を持ったが、
非常に残念です。

12月 042014
 

ウィンドウショッピングPPCアフィリエイトの
富山純一さんにある懇親会で話しました。
誠実な人でしたよ。

「どうして塾を開催するようになったのですか?」

教えてくれという方がたくさんいたので
これは塾をしたらいいかなと。

「ウィンドウショッピングPPCは儲かるのですか?」

独学でPPCアフィリを始めたのですが、
最初は赤字。
でも今は儲かっている。
その成果で中小企業のコンサルタントとして収入を得ている。
(※実績がなければ誰も信用してくれない)

すでにこの塾の募集は終了しましたが、
塾生の方はスタート時点から
失敗が少なく始められていいですね。