6月 272015
 

SNS(ソーシャルネットワークサービス)時代とは、
誰もが自分の考えを情報として発信できる時代のこと。

このブログにもいくらかのアクセスがあり、
毎日誰かが読んでくれています。
ありがとう。

『悪いことしたら急速に広がってしまう』

(逆に良いことは広がりにくい)

「情報教材や塾・コンサルを販売している方は
それを理解しているのでしょうか?」

あなたはアマゾンの商品レビューを読んだことがあると思う。
それを参考にして商品購入を考える人も多い。

それが情報系ビジネスをしている人間にも当てはまります。

Aさんの教材は詐欺だった…
Bさんの塾に入ったけど肝心なことは教えてもらえなかった…
Cさんのコンサルを受けたけど自分の知っていることばかりだった…

私は本名・顔出しをして情報発信をしている。
そんな私が嘘をついたら誰も私のことに耳を持たなくなる。
今後ビジネスするには不利になるだろう。
だから迂闊なことは言えない。

『ビジネスは信用が一番大事』

逆に私が実際に経験した本音を言ったとする。
あなたは私を90%信じてくれる。
なぜなら本名・顔出しで逃げられない発言だから。

そうとするならば今後は
本名・顔出ししている人の発言しか
説得力を持たなくなるということが起きてくる。
だからこそ情報発信者は顔を示せと言っている。

実際は自分の意見に自信がないのか
匿名であったり、顔を出さない人がほとんどです。

そして目先のお金を追うばかりで
顧客満足度を考慮していないネットビジネス塾運営者たち。

「成果が出せないのはアンタが悪い」
「なぜならそれで成果を出した奴もいるのだから」

と言って自分のコンテンツなどの非を認めない。
バカたちに販売しておいてそのお金でいい思いをしておきながら
こっちは悪くないよ、アンタの努力不足だよ、と。

「100台に1台(不良率1%)は壊れる30万円の4Kテレビを買うか?」

俺なら絶対に買わない。
せめてアフターサービスやサポートが
しっかりしているのかどうかは見る。

ではどうしてこんなことが平然と行われているかというと
「みんな自分の利益しか見ていない」からです。
もうこれはどうしようもない。
なぜならビジネスは奪い合いだから。
勝手にやってろ!!