1月 282017
 

長倉顕太というフォレスト出版の元編集長が
ネット塾を主催しようとしている
畑岡宏光という人との対談で

「本人の前で失礼なんですけど、
ネット塾に入ろうとしている時点で終わってる」

と言っていた。

まあ情弱(無知バカ)はカモだから
ネット塾に入れば成果が出ると幻想を抱くのだろう。

私も教材、塾、コンサルにと
大金を払ってきた(貢いできた)バカだ。

しかし終わってる人生から抜け出すためには
どうしてもそれらにカネをつぎ込まなくてはダメだ。
なぜならこの資本主義経済社会において
知識無くてどうして幸福な人生を手に入れられる?
無駄な出費や騙される経験も立派な知識のうち。
完全には無駄ではないぞ。

私が貧乏なあなたにアドバイスする。

本ほど安くて知識が手に入るものはない。
ネットの情報は嘘も多いので見極めが必要だが、
本は出版社や編集者が目を通している。
本名で顔出ししている人もいるので
ネットの変な情報よりも信用性が高い。

「本をたくさん買って、流しでもいいから読め」

電子書籍なら何冊買っても邪魔にならない。
コレクトせよ。
その中から自分に響く本を何度も定期的に読むこと。

読むのが苦手な人はオーディオブックもあるし、
読んで録音してもらう方法もある。
https://coconala.com/
http://www.koetatsu.com/index.html

こんな人生で終わってたまるか!!
と日々思っている人は
稼いだお金で本を買って読んでほしい。

今は活字ではなくマンガで分かりやすいものもある。
活字がダメな人や、文章に慣れていない若者には
マンガからとっかかってもよい。

はっきり言って日本は沈没する。
そうなる前に知識武装でサバイバルだ!!

(こちらはおすすめビジネスマンガです)