3月 112018
 

石垣政成さんの中国輸入の教材を買った。

『チャイントレード』(1000円)

これはフロントエンド教材で、
メルマガフォームに氏名などを打ち込んで送信すると
専用サイトのURLとパスワードが記されたメールが来ます。

そのメールには以前紹介した
「フリマスライダー」の畑さんと同じく
広田光輝氏がバックについて
紹介されていました。

この1000円の教材の中身は
中国輸入ビジネスの基本的なものであり、
更なるリサーチテクニックを知りたければ
サイト内で購入できる
「チャイン極リサーチ」(5980円)
を購入しないといけないものでした。

「チャイン極リサーチ」のノウハウ案内
(買おうかどうか検討中)

1、リサーチで失敗する人の3つの特徴とは?
2、できるだけ自分の商品ページに来てもらう方法
3、絶対に仕入れては行けない商品の見極め方とは?
4、ライバルがひしめきあっている商品で、
圧倒的に利益を出す方法
5、金脈を掘り当てる方法とは?
6、たくさんのライバルを一網打尽に蹴散らし、
利益を生み出す方法
7、ライバルの参入をブロックして、独占的に稼ぐ方法
8、稼いでいる人はこっそりやっている
“楽天”を使ったリサーチ方法
9、仕入れる前に絶対にチェックすべきたった1つのこと
10、本当はあまり教えたくない売れやすい商品を掘り出す
「秘密のサイト」を公開
11、売上を爆発的に伸ばす劇的に売れるシーズン商品を
0から解説

それプラス、セミナーの案内をしてました。

・リサーチはライバルをカンニングするツールを利用
・梱包や発送は代行業者に任せる
・販売はアマゾンFBA
・支払い猶予を引き延ばす裏技

目玉のツールがどんなものか気になりますね。
セミナー参加者にはツールの簡易版を
無料プレゼントしてくれるそうです。

この一通りのシステムをバックエンドとして
セミナーの最後に売ってくるようですが、
強制・恐喝はしないと言っています。

中国輸入ビジネスで今一番厄介なのが

・相乗り出品してきて価格競争になること
・相乗りしたら訴えられてID停止を喰らうこと
(特に中国人セラーによって)

この辺りのことはどうなのか知りたいところです。

こちらは何も違反などをしていないのに
ライバルの嫌がらせで難癖つけられて
ID停止を喰らった人がいるそうです。
プラットフォーム販売の危ういところです。

セミナーに参加しようかどうか…