10月 092018
 

2017年10月にこの人気ゲームを
アマゾンにて1742円で6枚仕入れました。

(PS2からのリメイク版です)

通常、新品のゲームソフトは5000円以上はします。
おそらくこのゲームはシリーズものなので
1が売れれば、2や3もプレイしたくなり、
メーカー側はトータルで儲けようと考えて
この破格の安さで販売したのでしょう。
フロントエンド商品という販売手法ですね。

私はこんなに安いから2980円でも売れると考えて
(クリスマスには全部売れると思った)
仕入れを決断したのですが、
1年経ってやっと6枚とも売れてくれた。
(2380円と2580円で)

なぜこんなに時間がかかったのかというと
供給量が多かったのが原因だと推測しています。

ゲームソフト会社がキャンペーン価格で売るには
数量を確保しないとすぐ売れ切れになって
このゲームを買いたいファンを怒らせてしまうので、
生産数量を強気に設定したのでしょう。

「安いからといって、即仕入れを決断してはいけない」

安さに釣られて、つい仕入れてしまったのは少し反省しています。

私はやっぱりビジネスは『需給の法則』が鉄則だと確信する。

欲しがる人が多い。
それにも関わらず、
その商品の数量が少ない。
またはその商品を売るライバルセラーが少ない。

あなたもこれだけは頭に叩き込んで下さい。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA