10月 062018
 

タワーレコードから誕生日(私は8月生まれ)の
500円割引クーポンをもらったので
使わないともったいないと考えて、
何を買うのか悩んだ挙げ句に
9月にシリーズ新作映画が公開される
『プレデター』の元祖を買いました。
(この映画はめちゃくちゃ面白いので観てね)

それと楽天クレカから得られるポイント処理にも困り、
同じブルーレイを楽天ブックスにてさらに買い足しました。

仕入れた数は計10枚。
アマゾンにて2580円で9枚売れて、
ライバル参入のために残り1枚は売れずに
ヤフオクにて1080円で処分した。
(損切りは大事です)

※売れたのはラッキーでした。
(アマゾン本体が在庫切れしていたので)

それにしても欲しいものがなかったのは驚きでした。

私は40代ですが、
今の20代30代は渇望するほど欲しいものが少ないのではないか。

私はメルカリで本などを売ってますが、
「いいね」だけ付けておいて
値下げされるまで待つ人もいる気がしてます。

商売とは売る行為です。
すべての商売人にアドバイスする。

「喉から手が出るほど、欲しくて死にそうなものを売ろう」

私自身のことを考えても
日本人に売るには難しくなったように思えます。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA