8月 052018
 

マニエル・オオタケさんの転売の本です。

内容は悪くなかったです。
特に初心者にはおすすめします。

著者のオオタケさんはCC便(コストカット便)という
格安のFBA納品専門の配送代行を運営していた。

全国のセドラーから埼玉の倉庫に荷物を集めて、
それをアマゾンの倉庫にだけ配送させるので
交渉して運賃を安くできた。

それが契約先の配送業者が値上げしてしまい
その分の利幅がなくなってしまった。
だから事業の継続ができなくなってしまった。
現在は営業を停止しています。

自身で配送業務をしてしまえばいいと思うが
トラックとその運転手を用意しないといけないので
初期投資がかかる。
でもアマゾンの未来を信じるならば挑戦すべきだと思う。

この先アマゾンが低迷することはない。
あるとしてもまだまだ先の話。
なぜならグローバル物販は開始されたばかりだから。

オオタケさんはFBAをイチオシしている。
面倒な発送や入金管理など
アマゾンが自動でしてくれるので、
忙しい本業の合間でも何とかやれます。
だからFBAです。

まだ拡大している最中のアマゾン内にて
自分のお店を持つこと。
(出店費は月額5300円くらい)

あとはどんな商品が高く売れるのかを考える。
それは試行錯誤です。

本の「おわりに」ある言葉ですが、
ビジネスはPDCAを回し続けること。
度重なる失敗にもめげずに。

Amazonだって10年前はFBAシステムはなかった。
私もあなたも10年前は今より知識がなかったはずです。
分かりづらいですが少しずつ成長していますよ。

時代の変化は絶えず起きている。
先を予想して波が来るのを待つ。
もしくは波の起きているところを探って仕掛ける。

その1つがアマゾンです。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA