4月 222017
 

中国輸入品でノーブランド品は
誰でも出品できます。
(=相乗りできます)
ですが出品する人が多くなると
値下げ合戦が始まります。
絶対に。

ですがこの商品を見て下さい。
これは相乗りされません。
(とてもうまい)

『中国輸入品の独占販売ページの見本』

【相乗りされない条件】

・商標登録されている
・商品タイトルにRoffal
・ブランド名にRoffal
・商品そのものにRoffal
・専用箱
・クロスのセット販売

これは中国にて200~300円でロゴ入りで作れます。
専用箱やクロスは50円くらいか。
だから1個売れたら400~500円の利益が出る。

上記のすべてを満たしても
売れない商品は売れませんので、
まず売れる商品であることが前提になります。
どうしたらそれが分かるかというと
すでに売れている商品を見ればいい。
(ランキングやレビュー数で判断)
その商品に自分のロゴをつける。
商標も登録する。
(10万円くらいだそうです)

ここで問題なのが「資金はあるか?」ということです。

もし100万円あるならば
アマゾンで中国輸入もの独占販売を
初っ端から始めて下さい。
なぜなら中国相乗りは厳しくなってきたから。
商標のあるページに相乗り出品したら
アカウント停止の可能性が濃くなった。
だから相乗りは避けた方が良い。

もし資金がないのでしたら
メルカリやヤフオクで中国輸入品を
試しで売ってみる。(過程を覚える)
手ごたえがあったらアマゾン独占ページ販売へ。
何だかつまらなかったら
中国輸入は辞めて下さい。

単価の安い商品を数多く売る薄利多売は
(=貧乏人相手の商売は)
精神的にも肉体的にもきついですよ。

《私の結論》

ライバル出現による値下げ
消費者の要求による値下げ

これを負け組とみなしている。
こんなビジネスになったならば絶対に路線変更せよ。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA