4月 212018
 

有吉健二氏と中村誠氏が開催するセミナー
「3Dトレンドせどりワークショップ」
の紹介レターを見ていた。

過去にニンテンドースイッチの品薄や
安室奈美恵の引退によるメディア品の値上がり
それによって利益を得られたと言う。

・あなたは情報に敏感ですか?
・トレンドが来るぞと推測して
関連グッズをうまく仕入ることができますか?
・もしライバルに先に買われて品切れしていたらどうですか?
・うまく買えたとしてアマゾンに出品した直後、
同じ商品に多くのセラーが売ってきたらどうしますか?

「トレンドせどりには博打の側面がある」

もちろんビジネスというビジネスには
すべて博打的要素があるのは承知として、
100回やって100回とも勝てることはあり得ない。
絶対に負けがある。

紹介レターには「いいこと」しか書いていない。
その時点で怪しいと思わないとダメ。
しかも儲かった商品情報が2、3年前のもの。
2018年のものはどうした?

カリスマニートかなるこ、という女性が
トレンドせどりで儲けて活躍しているのを見て
多くの人は「私でも稼げそうだ」と思うのでしょうね。
利益のほとんどがコンサルや教材販売なのを知らずに。

この3Dトレンドせどりは新品でほぼ定価で仕入れる。
だから運悪く値が上がらなかった場合は
その定価以下で販売しないと売れない。
おまけにアマゾン自体が大量販売してきたら
それ以下の価格で販売しないと絶対に売れない。
アマゾンには勝てないぞ。

私ならトレンドせどりはしません。
もしトレンドせどりをするくらいなら
仮想通貨を買う。買って放置しておく。
なぜならトレンドだから。
(4月21日時点で、まだトレンド継続中)

それでも物販にこだわるなら
必ず自分の好きな分野の商品を仕入れる。
(私は女性アパレルは苦手なので仕入れていません)

しかもクレカで仕入れずに
余裕の資金で仕入れること。
なぜならクレカ支払いに追われるとキツイから。
(本業の給与がある人はクレカ仕入れもあり)

締めくくりの言葉として。

「物販で大きく儲けるには独占販売すること」

どのビジネスでもライバルがいなかったら
ほんとに儲かるんですけどね。

私は独占商品しか扱いたくないです。

4月 072018
 

ブログで言おうか迷いましたが、
すでに募集が終了したので。

石垣政成氏のチャイントレードシステムは
中国輸入のアマゾン販売の全自動化です。

募集総人数は推定30人~50人。
なぜ推定なのかは
無料オンラインセミナーで
募集は8人と言っていた。
たった8人だけ。
全国で開催されたオフラインのセミナーで
すでに20、30名くらい集まったからだろう。
会員を50人以上にすると
満足のいくフォローができないのも理由にある。

塾の価格は248000円で
期間は6ヶ月。

売れる商品のリサーチは
アマゾン、メルカリ、アリババ、その他
いろんな方法がある。
メルカリでのリサーチは
『フリマスライダー』と同じツールを使用する。
これだけでもリサーチが楽になります。

まず試験的に数個だけ輸入して
ヤフオクとメルカリで実験販売してみる。
それで顧客の反応を確かめてみる。

売れる商品を見つけた(と思った)ら
CTシステムに買付け依頼をする。
その時アリババから見つけ出すことはせずに
商品画像を見せれば中国の担当者が見つけてくれる。
新規のオリジナル商品を作成する場合も
日本語で依頼できる。
どうしてそれがCTシステムでできるのかというと
(これも推定だが)石垣さんの会社は
イーウーパスポートという中国代行No1の会社と
月額払いの会員として提携しているから。
(月額:29800円)
塾生はその会社のサービスを
石垣さんの会社を通して利用できる。
これだけでもお得な塾。
彼は迷っているなら入った方がいいと言っていた。

イーウーパスポートは日本に倉庫がない。
だから日本での保管や配送拠点としての倉庫は
石垣さんが自前で用意した。
だがコンテナ輸送に対応していない。
なぜならそれだけの量をこなすだけの規模ではないから。
もし本格的に中国輸入をする気でいるのであれば
コンテナ輸送は配送コストにおいて差別化になる。
話によると空輸コストの1/5、1/10になるとか。
会員を増やして是非チャレンジしてほしい。

石垣さんの会社は6ヶ月の塾が終わると
どこで利益を得るのかというと
買付け依頼や倉庫の使用料だと思う。
もちろんサポートもしてくれる。
ただそれだけだと儲からないので
自身も転売で稼ぐことをする。

有在庫物販というのは
仕入れた商品がポンポンと売れるとは限らない。
どれだけリサーチをしても外すことは多々ある。
でなければ誰が親切に儲かる商品の探し方を教えますか?
「転売はリサーチ命」と言っている人は
さぞかし在庫を抱えて悩んでいないですよね?
キャッシュも潤沢ですね?
うらやましい…(皮肉)

私があなたに伝えたい【商売の鉄則】

「売れないと判断したら即処分売りをせよ!!」
「これは儲からない商売だと判断できたら即撤退せよ!!」

それと仕入れ資金について伝えたい。

PayPalならクレカで支払いが可能だが、
手数料が4%くらいかかる。
止めた方がいい。
10万円分を送金したら4000円が無くなる。
中国輸入は利益率が高い方ですが、
アマゾン内での同じような商品群の中で
安売り競争になるのは必至。
だからその4000円ですら貴重になる。

※国際配送料、輸入関税、買付け代行手数料など
国内転売にないコストがかかることを忘れるな!!

クレカを使わずにすむような資金があればいいのだが…

私がネット物販事業者を観察していつも思うのが
皆さんキャッシュに困っている。
だからこそ無在庫販売が理想なスタイルですが、
プラットフォーム販売では禁止されてます。

「仕入れるための資金の確保をどうするか?」

1、働きながらその給料でまかなう
2、親・友人から借りる
3、銀行から融資を受ける

私は断然1です。
ビジネス初心者がお金を借りて
簡単に稼げるほどビジネスは甘くない。
だから初めは1万円からの仕入れでよい。
しっかり利益を出せるようになるまで
兼業・副業としての体勢を取る。
いま無職の人はまず派遣登録を済ませる。
もしくはバイトを探す。

「有在庫物販の決め手はキャッシュフロー管理」

だから売れないと判断できたら
問答無用で見切り売りしなければならないのです。

3月 182018
 

前回紹介した石垣さんの教材

『チャイントレード』(1000円)

これにはセミナーの案内がされています。
タイトルは「中国転売マスターセミナー」
それは機密性を保つために
(多くに参加されたらライバルで価格競争に…)
わざわざ会場に足を運ばないといけないもので、
忙しい人には無理でした。

しかし3月17日に購入者へメールが来て
24日にウェブセミナーを行なうと知らせが届きました。

そこで「チャイントレードシステム」の説明がされます。

1:初心者の方がどうしても躓いてしまう
中国・日本での商品リサーチを無くす。

2:面倒な物流は一切自分で行わない。

3:さらに不良品を仕入れるという
不安を無くす独自のサービスとなります。

これがどんなものか案内レターから
私の勝手な推測ですけれども。

まずリサーチは独自ツールに任せるとあります。
それを使ってライバルがこっそりと
売り続けている商品をカンニングする。
その商品を代行業者に購入してもらう。
(代行業者は石垣さんの運営会社)
その代行業者は検品もしてくれて
直接アマゾンFBAへと納品してくれる。
(中国に購入・検品・配送の拠点があるかもしれない)

注:メルカリ・ヤフオクで売れた場合には
個別配送をしてくれるかどうかは分かりません。

代行業者なら他にもあるので、
わざわざこのチャインシステムを利用するという
そんな決断ポイントにはならない。

そこで問題となるのが、
売れる商品のリサーチツールが優秀かどうか。
売れると売れ続けるとは全然違う。
同じツールを使うのだから
同じ商品をかぶってくる人も出てくる。
同じ商品に3名のアマゾンセラーがいれば
必ず値下げ合戦が起こる。必ず。
そうなればたとえ売れても利益がない。

そんなところをウェブセミナーにて知りたいところです。

1つだけこの教材のノウハウを暴露すると

『チャイントレード』(1000円以上の価値あり)

まだまだ知名度の少ない「くまポン」にて
商品がどれくらい売れているのか
しっかり「売れた個数」が記されている。
これを仕入れの参考にできるとあった。
私はある日本製の商品を4種類仕入れた。
1つだけメルカリで売れた。
(どうしても売れ残ったら自分で使います)



くまポンは個人が販売するサイトではない。
まだまだ法人向けです。
アマゾンやZOZOタウンは競争がすごいし
販売手数料が高いので、
こんな割引クーポン共同購入サイトでも
売りたい人・買いたい人が増えてくると思います。
チャインシステムの石垣さんも利用してみるといいですね。

後記:
くまポンで仕入れたものはほぼすべて売れました。
売上げで本を買いました。

3月 112018
 

石垣政成さんの中国輸入の教材を買った。

『チャイントレード』(1000円)

これはフロントエンド教材で、
メルマガフォームに氏名などを打ち込んで送信すると
専用サイトのURLとパスワードが記されたメールが来ます。

そのメールには以前紹介した
「フリマスライダー」の畑さんと同じく
広田光輝氏がバックについて
紹介されていました。

この1000円の教材の中身は
中国輸入ビジネスの基本的なものであり、
更なるリサーチテクニックを知りたければ
サイト内で購入できる
「チャイン極リサーチ」(5980円)
を購入しないといけないものでした。

「チャイン極リサーチ」のノウハウ案内
(買おうかどうか検討中)

1、リサーチで失敗する人の3つの特徴とは?
2、できるだけ自分の商品ページに来てもらう方法
3、絶対に仕入れては行けない商品の見極め方とは?
4、ライバルがひしめきあっている商品で、
圧倒的に利益を出す方法
5、金脈を掘り当てる方法とは?
6、たくさんのライバルを一網打尽に蹴散らし、
利益を生み出す方法
7、ライバルの参入をブロックして、独占的に稼ぐ方法
8、稼いでいる人はこっそりやっている
“楽天”を使ったリサーチ方法
9、仕入れる前に絶対にチェックすべきたった1つのこと
10、本当はあまり教えたくない売れやすい商品を掘り出す
「秘密のサイト」を公開
11、売上を爆発的に伸ばす劇的に売れるシーズン商品を
0から解説

それプラス、セミナーの案内をしてました。

・リサーチはライバルをカンニングするツールを利用
・梱包や発送は代行業者に任せる
・販売はアマゾンFBA
・支払い猶予を引き延ばす裏技

目玉のツールがどんなものか気になりますね。
セミナー参加者にはツールの簡易版を
無料プレゼントしてくれるそうです。

この一通りのシステムをバックエンドとして
セミナーの最後に売ってくるようですが、
強制・恐喝はしないと言っています。

中国輸入ビジネスで今一番厄介なのが

・相乗り出品してきて価格競争になること
・相乗りしたら訴えられてID停止を喰らうこと
(特に中国人セラーによって)

この辺りのことはどうなのか知りたいところです。

こちらは何も違反などをしていないのに
ライバルの嫌がらせで難癖つけられて
ID停止を喰らった人がいるそうです。
プラットフォーム販売の危ういところです。

セミナーに参加しようかどうか…

3月 082018
 

二階堂という方が販売している
物販系の情報教材です。

『商品0円仕入れ完全マニュアル』(4800円)

セールスレターを読むと
私は「レビューを書いてその商品をタダでもらう」
という方法だと推測しました。
買っていないので断言はできませんが。

こちらが支払う対価を仕入れ費用(お金)とは
違う方法で提供するだけのことなのです。

この文からおそらくそうだと思います。

レターに紹介されてある商品はこれ。
すべて中国輸入品です。

もしあなたがレビューを書いて
商品を0円で仕入れるとする。
必ずレビューは★5にしますよね?
不自然に★5が多いとアマゾンにマークされます。
レビュアーとして排斥される可能性も出てきます。
それにわずかなお金のために
嘘のレビューを書き続けていくと
「私はお金の奴隷」なんだと
いつか卑屈感を味わうことになる。

あなたは本音で生きたいですか?
それとも嘘で固める人生でいいですか?

仕入れ費用が少ない人は
アフィリエイトをやるか情報を売ればいい。
(無在庫販売をするのなら十分気をつけて)

私は物販が一番手堅いビジネスなので
ネットビジネス初心者にはまず物販をおすすめしますが、
仕入れる商品は1000円ほどの安いものでもOK。
少しずつリサーチスキルを高めながら
仕入れ資金を増やしていけばいいと思う。

2月 092018
 

怪しげな男女3人がeBay輸出の教材を販売している。

eBay輸出教材『お客75億人』(19800円)

このセールスレターに堂々と書かれている。

「世界にお客は何人いると思っているの?」
「75億人♡」

75億人は世界総人口の数字で、
eBayのアクティブユーザーは1.7億人なの!!

バカなのか。
その時点で頭が悪い。
しかも3人の頭でもってしても気づかない。
そんな奴らが作った教材の中身なんて大したことはない。
私が断言する。

「こんなものは買うな!!」

登録の仕方や出品方法は
ブログやYouTubeで探せば見つかります。
あとは売れる商品を探すのみ。

①ジャンルを絞って
(自分の好きなジャンルを選ぶ)
アマゾン・ヤフオク・メルカリで仕入れる。
(出品数が多ければ無在庫販売でもいい)

②eBayにて実際に出品してみる。
(写真が大事です)
売れたらリスト化する。

③1ヶ月経っても売れなかったら
日本で見切り売りしておさらばする。
(未練を断ち切って損切りする)

この流れを1000回繰り返す。

うまく利益が出た商品を考察して
次の仕入れ判断に活かすこと。

それと国際配送はEMSにすること。
なぜならSAL便は返送されたら
返送料を取られるから。
EMSならそれは無いですし、
1週間ほどで届いて安心です。
EMSは高いですが、それは商品値段に反映させて下さい。

「物販は単純=安く仕入れて高く売る」

地道なリサーチと泥臭い作業。
とどめは見切り売り。

もしどうしても自分の力に自信がないのなら
高いコンサルを受けて下さい。

誰から教えを受けたらいいのか?

これも地道なリサーチと泥臭い作業。
とどめは見切り売り。
(笑)

1月 182018
 

フリマスライダー販売者の畑啓佑さんのメルマガで
ショッキングな数字を教えてくれた。

販売終了:「フリマスライダー」(1000円)

教材を購入した人が750人くらいいて、
100人以上がダウンロードすらしていない。
(1000円捨てたと同じ)
LINEサポートに連絡をくれた人は80名。
中古品の仕入れ判断の質問をした人は5人。

95%の人が稼げないのではなく、
95%の人が行動をしていない。

そりゃ稼げないわけです。

この教材の中身は「中古家電の販売」です。
それをメルカリで仕入れてアマゾンで売る。

家電が苦手なら中古本でいい。
安いから損をしても知れている。
ちょっと試しで仕入れてみてほしい。
そして販売してみる。

一歩ずつでいい。
100円を稼ぐ感覚を身につけよう。

1月 032018
 

「ハオロン式リセリング」という教材は
新品の商品を店舗で仕入れて
アマゾンで新品販売するノウハウです。
(特にメディア商品の国内新品せどりです)
今では多くの転売屋がしています。

その教材の販売者&実践者のハオロンさんは
今でも継続してやられています。
どれくらい稼いでいるのかは分かりませんが、
悠々としたライフスタイルを送っているので
リセリングでも十分利益を出しているのでしょう。

私が「あれ!?」と思ったのは
彼のパートナーであった望月さんが
アマゾンでの販売をほぼしていない。
(彼のショップIDを知っているので
それが分かっています)
彼は今サイトアフィリを運営していて
そちらにシフトしたのでしょう。

「有在庫販売はしんどい」

私は実際にそれをしているので
それを痛いほど理解しています。

それでもなぜ続けられるかというと
固定費が安いから。
(アマゾン月額費用は5292円。
プラス倉庫保管料がかかります)

しんどいビジネスは皆やりたがらない。
始めても続けられない。
その証拠にFBA納品している出品者が
何だか少なくなっている。
アマゾンが面倒な発送や入金管理などやってくれているのに
それでも次から次に辞めていく。

昨今では中国人セラーが続出して
我々日本人の競争相手として手強いですが、
彼らもだんだんと辞めていくと思う。
なぜなら有在庫だから。

在庫は確かに嫌なものですが、
価値ゼロではない。
売れたらカネになる。

需給のギャップは絶えず発生し、
価格差を生み出していく。

在庫というものをどう捉えているかで、
この終わりなき持久走をやり続けられるか
またはへたばってしまうのかが決定する。

あなたにとって在庫はお宝ですか?