4月 212018
 

有吉健二氏と中村誠氏が開催するセミナー
「3Dトレンドせどりワークショップ」
の紹介レターを見ていた。

過去にニンテンドースイッチの品薄や
安室奈美恵の引退によるメディア品の値上がり
それによって利益を得られたと言う。

・あなたは情報に敏感ですか?
・トレンドが来るぞと推測して
関連グッズをうまく仕入ることができますか?
・もしライバルに先に買われて品切れしていたらどうですか?
・うまく買えたとしてアマゾンに出品した直後、
同じ商品に多くのセラーが売ってきたらどうしますか?

「トレンドせどりには博打の側面がある」

もちろんビジネスというビジネスには
すべて博打的要素があるのは承知として、
100回やって100回とも勝てることはあり得ない。
絶対に負けがある。

紹介レターには「いいこと」しか書いていない。
その時点で怪しいと思わないとダメ。
しかも儲かった商品情報が2、3年前のもの。
2018年のものはどうした?

カリスマニートかなるこ、という女性が
トレンドせどりで儲けて活躍しているのを見て
多くの人は「私でも稼げそうだ」と思うのでしょうね。
利益のほとんどがコンサルや教材販売なのを知らずに。

この3Dトレンドせどりは新品でほぼ定価で仕入れる。
だから運悪く値が上がらなかった場合は
その定価以下で販売しないと売れない。
おまけにアマゾン自体が大量販売してきたら
それ以下の価格で販売しないと絶対に売れない。
アマゾンには勝てないぞ。

私ならトレンドせどりはしません。
もしトレンドせどりをするくらいなら
仮想通貨を買う。買って放置しておく。
なぜならトレンドだから。
(4月21日時点で、まだトレンド継続中)

それでも物販にこだわるなら
必ず自分の好きな分野の商品を仕入れる。
(私は女性アパレルは苦手なので仕入れていません)

しかもクレカで仕入れずに
余裕の資金で仕入れること。
なぜならクレカ支払いに追われるとキツイから。
(本業の給与がある人はクレカ仕入れもあり)

締めくくりの言葉として。

「物販で大きく儲けるには独占販売すること」

どのビジネスでもライバルがいなかったら
ほんとに儲かるんですけどね。

私は独占商品しか扱いたくないです。

4月 082018
 

2018年5月10日から
PayPalの海外送金手数料が少し上がります。

https://www.paypal.com/webapps/mpp/merchant/paypal-seller-fees/fee-201805

3.9% +40円 ➡ 4.1% +40円

たった0.2%だからと言ってバカにしない。
この調子だとどんどん値上げして
5%とか10%になるのを否定できなくなる。

なぜ上がるのかという原因は
おそらく世界的に利用者が多くなり、
管理態勢にコストがかかるようになったからだろう。

私は仮想通貨(暗号通貨)を支持しています。
その1つにコインを送る手数料がほぼゼロに近いから。
海外どこの人に送ってもほぼゼロなら
必ず仮想通貨は現在の法定通貨を駆逐していく。
なぜなら便利な方が求められるから。

仮想通貨を認めたら法定通貨の価値は下がるので
しばらくは先進国では認めない方向だろう。
でもそれを永遠に禁止することはできない。
理由はインターネットを禁止することは
絶対に不可能な時代だから。
スマホを持つのを禁止できますか?
ネット接続を違法にできますか?

今ビットコインが下げに下げている。
こちらでも書いたが、
私は「買い」だと思う。

私の相場ブログ
http://kabu-fx.naokilovesyou.com/?p=667

相場ですので自己責任でお願いしたいが、
1度コインを買ってみて下さい。
へえ~こんなもんかと思いますよ。
送り方に少しコツがいりますが
慣れたら簡単です。

PayPalなんて使わないビジネスをしているなら
それに越したことはないですが、
グローバル化の波は止められない。

早く仮想通貨が広まってくれればいいのに
と願わずにはいられません。

1月 132018
 

先日ノアコインについて気になって
ネットで調べていたら、
土屋ひろしさんが(画像の右の人)
2億円のノアコインを保有しているとあった。

私は彼の塾に入っていたから分かるのですが、
彼のお金への執着の熱量は我々の一段上です。
(だからこそ資産を作れたわけだが)

その彼が2億円のノアコインを保有していること。
そして彼はビットコインが2万円ほどの頃から
その存在を知っていながらも
それを否定し50万円分ですら買わなかったことの
彼自身の体験からくる後悔。
そこから仮想通貨のことを猛勉強した。

そんな彼が2億円というお金を投資したノアコインは
詐欺ではないという確信があるからでしょう。
フィリピン現地へ飛び実際を確認したり、
ノアプロジェクトの仕掛け人の泉忠司氏と
寝起きを共にしながら彼をつぶさに観察したり、
ノアプロジェクトは本物だと判断した。
だから彼に賛同して資金も出した。

ただしビジネスに失敗はつきものなので、
中途で難航することは当然ある。
だからノアコインを買えば儲かるということではない。
私はノアコインには価値があると言っているだけ。

私は以前の記事で泉氏について
「彼はプロの詐欺師」と言ってしまったことがある。
それはここで訂正させて頂きます。
謹んでお詫び申し上げます。
大変失礼しました。

ですが誤解を招くような言動があったことは
ビジネスマインド「Be Honest」(正直であれ)
が少し足りなかったことから来ている。
彼にも落ち度があった。

私がここで言いたいのは
ノアコインを含めて暗号通貨(仮想通貨)は
世界を変えていく力のある技術だということ。

だからビットコインが下がったら買い。
強気の買いでいいでしょう。

ノアコインについては
「博打を許容できるなら買っておけ」
というスタンスで行きましょう。
気長に待てる人のみで。

7月 102017
 

seiyaという人がノアコイン返金について
ブログに書いています。

https://seiyablog.com/noahcoin

彼は泉氏がプロモーション開始から返金まで
すべて最初から仕組んだと推理している。

多額のマネーを集めて
イーサリアムという仮想通貨を
少しずつ気づかれぬように買い占め、
ある時一気に買って暴騰させ、
さらに上がったところを一気に売り抜ける。
(それを株の世界では「仕手」と言う)

私はこれはあり得ると思っている。
なぜなら仮想通貨の歴史はまだ浅く、
売買している人も仕手なんて知らない人ばかり。
つまり素人。
株の仕手プロを雇えば、難なく儲けられる。

これがもし当たっていることだとしたら
泉氏はプロの詐欺師。
返金するという誠意を見せて
信頼を取り戻すという手を使ったが、
失望させたという結果において
彼のブランドは地に堕ちた。
がすぐに挽回してくるだろう。
なぜなら盲信している信者が多くいるから。

私は彼の言葉や文章(著作)から
決して誤解を招くような表現をしてしまう人
ではないと思っている。
しかもフィリピン国家プロジェクト、
フィリピンバンク関与ではなかったことは
本人がやっと出した謝罪メールよりも
はるか前に分かっていたこと。
それを遅ればせながら出したということは
計画的な詐欺。
誠意があるならば即返金の準備をしていたはずだ。
国家プロジェクトでなかったと知った時点で
謝罪のメールと返金をしていたはずだ。
それをしなかったということは
集めた資金を何かに使用していたのに違いない。

泉さんに伝えたい。

「失うことは怖くない!!」
「貧乏は恥ではない!!」

恐れというのがなぜ生まれるか?
無知から生まれる。
みんな大いなる真理を知らないでいる。

『我々は魂であり、それは1つであり、永遠不滅である』と。

(以下泉氏のメール抜粋)

日本のプロモーターである
泉忠司氏のメッセージを送信します。

泉忠司です。

ノアグローバルイノベーションサービスより
非常に重要な発表がありました。

大切なお知らせですので、
僕の方からも趣旨をお伝えいたします。

ノアコインは第2期のプレセールを終えましたが、
プロジェクトの規模が非常に大きくなっていることもあり、
ノアグローバルイノベーションサービスは、
第三者機関を通して、
コンプライアンスを遵守する責務があるとの見解に至りました。

そこで、すでにノアコインを購入していただいた方に、
以下の4つの措置が取られることになりました。

1:下記の「ノアコインの情報の訂正と謝罪」
において説明することにおいて、
購入当時のノアコインに対する認識に誤解があった場合や、
その他の理由でノアコインの継続所有を希望されない場合は、
ただちに売買契約を無効にし、
お支払いいただいた金額と同額を返金する。

2:ノアコインを継続所有にご了承いただき、
今後も変わらず保持する場合は、
継続所有の同意の確認手続きをしていただく。

3:既存購入者の皆様に対して
上記2点の確認が完了するまで、
第3期プレセール開始を延期する。

4:第3期プレセール開始まで予約受付を一時休止する。

ノアコインの情報の訂正と謝罪

フィリピン大使館や
フィリピン・ナショナル・バンクの発表などにより、
ご心配いただいている方も多いと存じます。

プロジェクト発足当初、
ノア側が多くのVIPとミーティングを重ねていたのは
間違いなく確かです。

僕はこの状況から
「間違いなくこれは国家プロジェクト級の事業だ」
と認識しました。
その後、僕がセミナーや動画で、
ノアコインのプロジェクト規模を説明する際に
「政財官民が一体となって取り組んでいるプロジェクト」や
「国家プロジェクト」などと、
僕の主観で断定的な言い方で表現した事が多くの方に、

「フィリピン政府公認の暗号通貨」

と認識を錯誤される事につながったようです。
僕の行きすぎた表現で
そのような事態となったことを深く反省しており、
ここに謝罪いたします。

さらにその表現が一人歩きをし、
「ノアプロジェクト」
=「フィリピン政府公認の国家プロジェクト」
であるかのような表現が用いられた代理店サイトが
幾つもインターネット上に見受けられるようになりました。

この点に関しても僕自身も大いに責任を感じています。

次に、フィリピン航空やルシオ・タン氏が
ノアプロジェクトに関わっていると、
僕自身もセミナーや動画で言及してきたことについて、
フィリピン航空のグループ銀行である
フィリピン・ナショナル・バンクから
「いっさい関係がない」
という発表がなされた点に関してです。

プロジェクト発足当初より、
ノアプロジェクトが、
主にルシオ・タン氏のご子息であり
フィリピン航空グループの要職にあるボン・タン氏と
イートンシティの開発について
ミーティングを重ねてきたのは間違いなく事実です。
(イートンシティは動画の中で
ノアシティ予定地と僕も動画で紹介している場所です)

僕自身もノアプロジェクトのご紹介により、
ボン・タン氏をはじめ、
イートンシティの責任者など、
要職にある方々と2017年4月1日に直接お会いしました。
僕の面前で両者による条件面での議論が
確かに行われていました。
その時の様子に関しては、
2017年4月15日に行ったトップリーダーズ会議にて
写真にてご紹介もしました。

しかし、ノア側とボン・タン氏側の間で
認識の違いもあって、
条件面の折り合いがつかず、
契約合意が伸びているうちに、
レボリューション・プリクラフティッド社の
ロビー・アントニオ氏からの提案があり、
ノアシティ開発は同社と共同で行っていくことが発表されました。

当初ボン・タン氏から好感触で前向きに、
ぜひ実現したいとの表現もあったことから、
僕はフィリピン航空やそのグループ会社が
協賛してくれるのは確定的だと認識いたしました。

ただ、僕のその後のセミナーや動画の説明において、
すでに確定したように言及したことから、
多数の代理店サイトで
フィリピン航空のことが記載されることになってしまいました。
僕自身ももっと確認してから
言及すればよかったと深く反省しています。

ここで現状に関してはっきりさせてお伝えします。
ノア側とボン・タン氏の間で
条件面の折り合いがつかなかったことから、
ボン・タン氏ならびにフィリピン航空グループやルシオ・タン氏と
ノアシティを共同開発するという話は現時点ではなくなりました。

ただ、ノアシティ構想はロビー・アントニオ氏率いる
レボリューション・プリクラフティッド社と
共同で行っていくことが確定しています。
この点に関しては、ロビー・アントニオ氏が来日して、
セミナーで自ら言及していることからも明らかであるように、
間違いのない事実です。
イートンシティから車で約20分ほどの
タガイタイというエリアにある
ロビー・アントニオ氏のグループが保持している土地が
暫定の候補地と伺っております。
候補地は今後変更される可能性もございます。

さらに、第三点目として、
「ノアコインが必ず上がる」
と言及しているような
代理店サイトが見受けられますが、
言うまでもなく、未来のことは誰にも分かりません。

僕の説明の中で
「ノアコインは初年度に20%、以降も40年に渡って利息がつく」
と言及しています。
ここでいう利息とはつまりコインステーク報酬のことです。
ノア側に再度確認したところ、
これは間違いなく事実です。
ただし、「120ノアが1年で144ノア、2年で168ノア…」
が正確であるところを、
説明を分かりやすくするために、
「120万円が1年で144万円、2年で168万円」
のように話したことがありますが、
その際に同時に言及しているように、
「これはノアコインの価値が変わらないと仮定して」の話です。
ノアコインの価値が上がれば、
日本円換算した時にもっと上がることもありうるし、
ノアコインの価値が下がれば、
日本円換算した時にもっと下がることもありえます。

このあたりもきちんと伝えているつもりではありましたが、
言葉足らずな部分があって、
僕の表現が誤解を生んだのであれば、謝罪いたします。

正確に整理しておきますと、
初年度20%、以降毎年0.86倍に指数関数的に減少する形で、
ノアコインには利息(コインステーク報酬)がつきます。
つまり所有しているノアコインの量に対して、
毎年決められた割合で利息が付与されるということです。
その利息を含めて考えて、
その暗号通貨の価値が上がれば、
日本円換算した時の価値は上がりますし、
その暗号通貨の価値が下がれば、
日本円換算した時の価値は下がります。
「絶対に上がる」というふうに断言することができるものは、
ノアコインに限らず、
他の暗号通貨においても存在しません。

最後にもう一度全体をまとめておきます。

1:ノアプロジェクトはフィリピン政府公認のプロジェクトではありません。

2:条件面での折り合いがつかなかったことから、
現在ノアプロジェクトにフィリピン航空グループは関与していません。

3:「ノアコインの価値は絶対に上がる」とは断定できません。

返金希望者への対応と継続所有の意思確認について

既存の購入者の皆様でノアコインに関して、
僕だったり、その他の代理店の方だったりの説明から、
上記3点や、その他の何らかの誤解に基づいてノアコインを購入し、
いま現在思っていたものと違うために返金して欲しいという方は、
ノアグローバルイノベーションサービスから
全額返金していただけますので、下記にご連絡ください。

連絡先 info@noah-coin.com

返金受付期間は
2017年7月10日から2017年9月7日までの
60日間となっております。

また、返金をご希望なさった場合、
誠に申し訳有りませんが、
ノアコインのプレセール期間での再購入は
不可となりますのでご注意ください。
これは返金された場合でも、
代理店の皆様にすでに支払われている
報酬の戻入処置などは行わないため、
同じ方による返金後の再購入により、
二重に紹介報酬が発生することを防ぐためとのことです。

ノアコインはフィリピン政府公認の
プロジェクトではありませんが、
非常に大きなプロジェクトであることは確かです。

また、ノアシティ構想はフィリピン航空との
プロジェクトではなくなりましたが、
ロビー・アントニオ氏という
世界的にも著名な経営者率いる
非常に大きなデベロッパー企業と
共同開発を計画していることは確かです。

そして、「ノアコインが絶対に上がる」とは、
僕はもちろん、誰にも断言できませんが、
可能性が感じられる暗号通貨であることは
間違いないと僕は思っています。

2017年5月10日のセミナーにて発表されたように、
フィンテック決済サービスの
急先鋒ともいうべきNIPPON PAYとの提携により、
ノアコインの日本国内の店舗での
決済実現に向けて動き出したことも事実です。

「ブロックチェーンテクノロジーを用いて、
世界の貧困問題の解決を目指す」

というノアファウンデーションの理念も
当初から何ら変わるものではありません。

もちろん僕は引き続き
ノアコインを保持する所存ですが、
僕と同様にこれからも保持することに同意なされる場合は、
ノアグローバルイノベーションサービスから
後日送付されるメールでの
継続所有の意思確認手続きをお願いいたします。

既存の購入者の皆様からの
「返金」か「継続所有」かの回答が集まり次第、
第3期のプレセールがスタートされることになります。

購入者の皆様には大変お手数をおかけすることになりましたが、
ノアプロジェクトを成功させるべく
コンプライアンスを徹底していく上での手続きとなります。

僕自身もプロモーションの際の言葉の選択には
今後細心の注意を払っていくようにいたします。
皆様もぜひともご協力のほど、よろしくお願いいたします。
(以上)