4月 072016
 

アマゾンのサイトを見ていたら

対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料

こんなことが書かれています。
なぜ2000円以上ということに制限したかというと、
アマゾン利用者は安いもの1つだけ買う人が多いから
(多いに違いないよ、絶対)
送料代を考えると利益が飛んでしまい
アマゾンが儲からないからとのことでしょう。

すべてについて送料を無料にする方法は

1、アマゾンプライム会員になる(年会費3900円)
2、アマゾン定期おトク便で購入する

ことです。

もしくはヨドバシ.comで買うか。
今のところヨドバシだけは
少ししか買わなくてもすべて送料無料で
しかもポイントがつきます。
アマゾンの利用者が鞍替えて
ヨドバシへ移る可能性が高いです。

堀江さんはプライム会員が爆発的に増えそうと言ってますが、
確かに増えると思います。
ですが年間4000円弱で
送料コストをカバーできるとは思えません。
顧客の囲い込みに今は全力なのでしょう。

「アマゾンで販売している人にとって
この件は悪いニュースなのか?」

良くも悪くもないです。
なぜならアマゾンが儲けてくれないと
その分をアマゾンセラーに負担させるような
圧力をかけてきそうだからです。
2000円以上という制限で
「ついで買い」を誘発してくれるかもしれない。
判断しにくい。

自社発送のセラーを選択する人が増えるかな。
だとするとアマゾンFBAの最大のメリットである
「届くのが早い」
というアマゾンの優位性が損なわれそうですね。
(早いからアマゾンを選ぶ人も確実にいます)

この2000円以上なら送料無料の規定が
今後どう影響してくるのか経過を見守りましょう。