6月 152015
 

ネットビジネスの中の1つ
情報コンテンツビジネスで業界の古株、
和佐大輔さんのメルマガ人数が6000人に減った。
登録していた人数は1万人以上だったが、
メールを開封しない人がいるので
不達率を改善するために、
この際興味のなくなった人は解除手続きしてもらったそうだ。
10年もコンテンツビジネスをやってきて
残ったのが6000人。
単純計算して1年で600人のファンを獲得したことになる。
(今までにいくらカネをつぎ込んだのだろう?)

彼が最後に集客するために選んだ方法が
ASPで無料オファーという形です。

※無料オファーとは、
メルアド登録されると紹介者に
500~1000円の紹介料が手に入るもの。
広告主は1件1500円くらいASP(仲介者)に払う。
ASPは仲介手数料を受け取れる。

これは何を意味しているかというと
コンテンツビジネスの集客は非常に困難になっていること。
なぜなら1メルアド(リストと呼ばれる)を獲得するために
5000円を払っている人もいるくらいですから。

そして情報コンテンツビジネスをしようとしている人は
必ず和佐大輔という先駆者の道を学ばなければならない。
彼が現在していることを愚直に観察し実践していく。

※情報コンテンツとは形のないもののこと。
PDF、音声、動画がメインとなっている。
現在はストーリーやムードといったような
コンテクストというものが差別化戦略の肝になる。

そして今後のビジネスで一番重要視されるのが
コンテンツを如何に高めるか、です。
でなければ個人でもお店でも企業でも潰れてます。
どこもかしこも似たような商品で溢れかえっているもの。
どこで差別化するかというともうコンテンツしかない。

もしあなたが現在商売をしているとする。
自分の商品を売りたいですよね?
そうならもう無料オファーのようなことをするしかない。
つまり無料で何かを配って集客し、
商品の魅力(コンテンツ)を伝え、
販売するということ。
そうするためには紹介者が必要です。
販売戦略にASPに登録するという選択肢を持って下さい。

ちなみに和佐さんの利用するASPは
ISMという紹介者がいないと入会できないところです。

集客は本当に難しい。
アフィリエイター(紹介者)の力を借りるしかない。
自分1人では限界がある。
そして最も効果的な商品販売の方法は
「DRM」(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)しかない。

もし彼の最新の販売手法「DRM2015」
を学びたい人がいればこちらをご覧ください。

ご購入はこちら

私は速攻で申し込みましたが、
まだ基礎編のみしか閲覧できません。
この先自分のコンテンツで勝負したい人は
絶対に買って見ろ!!
和佐大輔10年の総括がお金を出せば見れる。
見ろ。