12月 292016
 

小玉歩さんの情報教材DVD
「コンテンツセールスマスターコース」
を購入した。
2017年1月中旬から発送されるようです。

通常価格(カッコはVIP)
49800円(98000円)←300セット限定価格。即完売した。
59800円(108000円)←私はこっちの通常を買いました。

VIPはパーティーやセミナーの特典付き
バックエンドは月15万円のクラブ入会案内(半年間)

当初は買う気は毛頭なかった。
自分が売れるコンテンツを作れるか疑問だったから。
彼の提唱している『ネットビジネスゴールデンルール』では
まず物販からやれと言っている。
私はそれに賛成している。
それが今回それを訂正するようなオプトインレター、
気になって登録してしまいました。
コンテンツを売るのは本当に大変だという考えのまま。

ではなぜ購入する気になったのかというと

・ステップ動画でじわじわと教育されたから
・オンラインセミナー(雑談風)でトドメ洗脳されたから
・DVDという永久保存版商品、小玉歩渾身の作だから
・自分だけのオリジナル商品を売りたくなったから
・分割払いOKだったから

彼が言うのは13000のリストを持っているようです。
300セットが即完売したのは観察していたので分かってます。
その後どれほど売れたのだろうか。
リストの1割として販売合計1200~1500セットかな
と推測しています。

受注生産だと思います。
私も梱包・発送作業をしていますが、
1000個以上になると混乱して大変そうです。
社員総出の分担作業で出荷ですね。
(住所記入でも結構間違えるものですので注意)

DVD14枚(22枚だった?)入りBOXという
かさばるサイズではなく
ブルーレイ版にしてコンパクトな大きさにすれば、
少し在庫が残っても事務所の片隅に置けて
「こちらの発注ミスで在庫が発生しました」
と購入を見送った人に再販売トライがいつでもできます。
(時代はブルーレイメインです)
まあ豪華に見せるためにボリュームが出るDVDの方が
受け取った人の感激が大きくなって
そこを狙ってのことだと思いますが。

今回は50代60代の方の登録がちらほらいたようです。
定年まじか、社畜扱いの人生で
「俺の人生、このまま終わっていいのかな」
と悩んでいる中高年がそれほど多いのでしょう。
実際に購入した人がいたら間違いなく学べる内容なので
そこは“勉強代”と割り切ってほしい。
(※私はノウハウコレクターだ)

彼が自分のクラブ生やコンサル生を見てきて
ビジネスでの成功ができるかどうかの理由をこう結論づける。

「自分の好きなことをやってでしかうまくいかない!!」

やはりビジネスは継続できないと何にもならないですから。

DVDが届いて視聴したら
また感想を書きますね。

【追記】

その人が今実際にやっていることを調べたら
その人の“方法”が何であるのかは分かるものです。

今流行はLINE@か…

5月 092016
 

グーグルアドセンス広告で見かけました。
こんなの。

『ハンダ付けのやり方DVD』

ハンダ付けって
工業系、工作系の専門家やマニア向けですよね。

なぜアドセンス広告で販促を?

私ならA8ネットで広告を打って
アフィリエイターに売ってもらおうとします。
それだとハンダについて知りたい人が
よく見てくれるブログに貼り付けることができて、
成約につながりやすいからです。
もしくはアフィリエイターが必死で専門ブログを作って
ガンガン販売してくれますよ。

ゴッドはんだの野瀬社長、ご一考を。

それにしてもハンダ小手の使い方を教えるコンテンツ、
それをDVDにして売るというのは賢いですね。
日本で1億人もいたら誰か買いますよ。

私らも何かコンテンツを作って販売したら
売れそうな気もしますけど、どうだかなあ。

一流のスキルや実績などが何もなければ
他人の商品でも売りましょう。

アフィリエイターは全国で400万人いるみたいですが、
その99%は脱落してしまいました。
ブログアフィリエイトで稼いでいる人は実際います。
PPCアフィリエイトもいることでしょう。

あなたも損が少ないビジネスであるブログアフィリを
1つくらいは作ってみましょう。
もしくはいっそのこと独自コンテンツを制作しますか?
どっちもダメそうなら転売しかありませんね。

12月 152015
 

自分の動画コンテンツを
Youtube上で販売できることを知った。
ですが誰でも許可されるものではなく
「資格」がいるようです。

https://support.google.com/youtube/answer/3249165

(以下抜粋)

有料コンテンツを作成する資格を得るには、
次の要件を満たす必要があります。

アカウントが良好な状態であること。

YouTubeパートナーシップの
一般的な参加条件を満たしていること。

電話でアカウントを確認してあること。

お使いのYouTubeアカウントに
承認済みのAdSenseアカウントが関連付けられていること。

アクティブなチャンネル登録者が
1,000人以上いるチャンネルを所有していること。

次のいずれかの国に居住していること。

オーストラリア(AU)
ブラジル(BR)
カナダ(CA)
フランス(FR)
香港(HK)
インド(IN)
イタリア(IT)
日本(JP)
メキシコ(MX)
ニュージーランド(NZ)
フィリピン(PH)
ポーランド(PL)
ポルトガル(PT)
韓国(KR)
スペイン(ES)
スウェーデン(SE)
台湾(TW)
ウガンダ(UG)
英国(GB)
米国(US)

私注:中国が入ってませんね。
(以上)

udemyやWazaarのような
動画販売サイトには強敵になりますね。
ですが1000人以上の登録者が必要だというところに
まだ勝機ありかな。

9月 102015
 

情報教材の購入者や
有料ネット塾の塾生は
自分の大事なお金を払って、
広告が謳っている【結果】を手に入れたかった。
でもそのお金に見合うような【価値】を
提供されないと怒りや失望を味わう。

この恨みは死ぬまで忘れない。
なぜなら世の中の90%は貧乏人だから。
捨て金などないはずです。

これからの日本で
貧乏人が収入を劇的に上げる率よりも、
中流と言われる世帯が
底辺の生活レベルに落ちる率の方が
はるかに高くなる。
『二極化』というやつですね。

そんな経済状況の最中に
数十万円の教材や塾に出費するというのは
一生の記憶に残るほどのものだろう。

SNS時代のビジネスを行なうなら
あなたはどちらを選ぶ?

危機感を煽り、
言葉巧みに甘い誘惑で買わせるか。
自身の家族であるかのように
幸せの実現と諭して購入して頂くか。
たとえ利益などなくても。

お金ってね、
信・頼されてたら入ってくるものなの。
なぜなら頼られている人が困れば自分も困るから。

9月 042015
 

https://www.udemy.com/

船原徹雄さんのメルマガで知りました。
このサイトでは
経営、語学、プログラミングなどを教える
動画を販売しています。
(無料のものもあり)
ただ英語が多いですね。
これから日本人による日本語動画も増えていくでしょう。

今のところ稼ぐ系の情報はまだ少ないです。
将来的にインフォトップのライバルになりそうですね。
今のまんまのインフォトップでは勝ち目ないですけど。
なぜなら怪しげ系の匂いがないから。
クリーンな感じ。

今後はオンラインスクールが一般化されます。
(小中高・大学生・一般人向けでも)

その理由

1、個々のペースに合わせて無理なく学べる
(勉強嫌いが減ると思う)
2、教育者のレベル
(プロから学んだ方がいいに決まっている)
3、不登校児童の救済
(知識レベルの格差の是正)
4、国公立学校の維持費
(少子化・税収減少で統廃合が進む)
5、校内の犯罪
(いじめは無くせない)
6、異常気象・環境汚染
(広い中国ではオンラインになると思う。日本も…)

こんなところでしょうか。

Googleの傘下Youtubeも
オンライン教育に参入すると思う。
(もうしてる?)
動画を販売できるシステムも進行中ではないかな。

まだまだこれから伸びる余地が大きくなる動画市場。
ビジネスには外せません。

7月 042015
 

買う必要はないと思います。
私は買ってません。
セールスページだけ見て下さい。

『転売オヤジの大逆襲』

『転売 A to Z』

『絵本せどりマニュアル』

動画が1つもない。
読むのが好きな人もいますが、
動画による説明や解説がいいと言う人も多いです。

動画の時代です。
まだ取り組んでいる人も少ないので
ビジネスでは必ず動画を意識して下さい。
下手なものでいいのです。
私も編集だとかあまり分かりません。
儲かったら編集のプロに任せればいい。

「文字<音声<動画」

Youtubeならタダです。
利用しない手はありません。