6月 152017
 

楽天に出店するためには
事務所の外観や内観の写真を送るのが
最近義務化されているようです。
それが本当かどうかも
楽天社員が直接確認しに行くとか。

それに罰金制度もあるらしい。
(最大300万円)

たとえば

「検索用文字列」
「不適切なタグ登録」
「レビュー投稿を条件とした特典付与」
「同一商品複数登録」

などは罰金10万円です。

もう嫌になって楽天を退店したとしても
罰金が残されていれば
それを払わないと
法的処置を取られるようです。

「楽天に出店する際はそんなリスクも覚悟しておけ」

まあ昨今のアマゾンの顧客リスト乗っ取り事件
それを思ったら楽天も厳正な管理をしたくなりますね。

アマゾンは今回の事件で
必ずセラー審査の厳正化を行なってくるでしょう。
だから楽天のように住所の確認のために
写真や電話の位置情報など
煩瑣な手続きを要求してくると思う。

独自で作ったネットショップなら
運営側の意向を気にすること無くていいが、
集客が難しい。
売れても入金管理や発送があり
個人の副業では大変なので、
一人物販の場合はアマゾンFBAで行くしかない。
もしくは高額商品を扱うか。

私は楽天でも買い物をしていますが、
正直アマゾンの方が買いやすい。
分かりやすいし、検索しやすいし、早いし。
返品・返金請求もしやすい。

「消費者には天国、セラーには地獄」

モノ余りの日本でのビジネスは消耗戦だ。

勝つためには日々
「あともう一工夫できないか?」
のトライ&エラーです。

これができる人は仕事を面白がる人のみです。

注意:厳しい審査の楽天出店であっても
儲かるお店は相当儲かるそうです。

10月 282016
 

森由樹さんのメルマガにて紹介。
PC画面上にて
スマホの画面と同時に見えるブラウザです。

https://blisk.io/

このサイトでダウンロードして
アドレスバーにURLを入力するだけ。

スマホ対応していないサイトは
絶対にスマホでも見やすいように設計して下さい。
今はスマホの時代ですから。

森さんは自社でネットショップを数店経営し、
しかも無在庫で販売して利益を出し続け、
現在はマレーシアに移住してビジネスをしているようです。

ブログ:http://yuki-01.com/

アマゾンなどのプラットフォーム販売には
手数料があるのと、ルール違反をすると退場になる。
だから依存度100%は大変危険です。

私もいつかはネットショップをしなくてはと思っています。
だけどSEOが難しい。
まずはプラットフォームで結果を出す。
それからでも遅くないはずです。

8月 072016
 

クルーズという会社はスマホゲームを作っている。
http://crooz.co.jp/
それに加えて物販事業も行なう。

その物販が今伸びている。理由は
・購入者が90万人と1年前に比べて35万人増えている。
・しかも顧客単価が5000円前半から後半に向上した。

ウェブショップ:http://shop-list.com/

見たら分かりますがものすごく安い。
写真は日本ではないので
中国か東南アジア製もしくはバングラデシュ製でしょう。

クルーズはブログサービスもやっていて
http://blog.crooz.jp/
閲覧者はほぼ女性(10代20代の女性が大半)
キッズものも販売しているので
20代のヤンママや30代の主婦もいることでしょう。
(日記記事を書いている人の中には男性も混じっていて、
アフィリエイトで稼ごうとしている)

「女性はファッションにお金を惜しみなく使う生き物」

アパレルの中国輸入は十分儲けられる方法です。
(検品に気を付けてね)
ただし独自ネットショップで売らないことには
SHOPLISTのように格安にはできません。
アマゾンや楽天では手数料がかかってきますから。
できればプラットフォームに頼らない(依存しない)
販売チャネルを構築する必要があります。

独自ネットショップは集客SEOが難しいですが、
ものすごく魅力的で…

ちなみに「ヒラキ」という靴ショップも安いです。

8月 012016
 

アマゾンの商品画像や
楽天でのモデル写真、
オリジナルネットショップのショップデザインは、
第一印象で引き付けなければならないため
ものすごく大事です。

株式会社バーチャルイン
http://www.photo-o.com/

この会社はE-コマースのための画像や動画を制作してくれる。
デザインや編集技術はもちろん素人にはできないレベルだ。
お金を払って依頼するだけの価値はある。

もしアマゾンで新規ページを作る場合、
その商品が自社オリジナルか
すごく愛着のある商品ならば、
きれいで分かりやすい画像を作ってほしい。

アマゾンの中国輸入品の中には
汚い画像を使っているものも見受けられます。
(しかも一番見られる1枚目画像ですら)
売る気があるなら画像にこだわろう。

特にアパレル商品はモデルとコーディネイトです。
専属のモデルを抱えている会社ですし
デザインもやっているので、
その専門性と安心感で丸投げ依頼もいいですね。

追記:この会社はPPC広告を打っていた。
ヤフーで上位表示されているのに関わらず、
それだけ集客は大変なんですね。

6月 272015
 

私は三木高広さんの『転売王子クラブ』(販売停止)に入っています。
9800円で安く、物販についてほぼ網羅されています。
しかも現在もノウハウ更新中。

彼はそのクラブを下記のサイト運営者から、
「経営者がアマゾンの登録方法なんか教えてる場合じゃない」
「三木社長には自分しかできないことをせよ」
と言われたようです。

http://sogyonosusume.com/

よって彼は自分のクラブを売却しました。
その判断は正しいです。

このサイトを見てみると
トレンドアフィリエイトやYoutubeについても
言及されています。
これからもっとコンテンツが増えるでしょう。
楽しみです。

それとこの「ジャパナイスモール」という
無在庫販売OKのサイトも運営しています。

http://drop-shipping.co.jp/

無在庫販売(ドロップシッピングとも言う)は
自分で商品を持たなくても販売でき、
売れたらこのサイトにて注文し、
購入者へ送ってもらえます。
資金がなくてもできるので
試しにやってみてはいかがでしょうか。
(私は無在庫が嫌いです。キャンセル時の評価が怖いから)

それにしてもここまで創業に関する環境が整ったのは
誰でも収入が増えるチャンスな時代になったということです。
インターネットで探せばタダで教えてくれる。
これで「お金がほしいです。でも稼げません」は
努力が足りないからでしょう。

まずやってみる。
それから考える。

失うと言ってもわずかな金額と時間だけ。
でもその時間はかけがえのない貴重な財産。
私なら「やらない」という選択肢なんて
考えられませんけどね。

6月 222015
 

先ほど小野里肇さんからメールが届きました。
(小野里さんはカメラ転売で月収200万の強者です)
下のアドレスはカメラ屋を名乗る詐欺ショップらしいです。

http://www.kscxjwc.cc/about_us.html

送金しても商品を送ってきません。

店舗連絡先のeメールが最後.ccとなっています。
.ccのWikiを見て下さい。
スパムメールに使われることが多いそうです。

http://www.kscxjwc.cc

騙された奴が多いと思う。

異常に安いので本当に怪しいです。
カメラのキタムラを参考にして
サイトの製作をしているようです。
(ドメイン情報から犯人は中国人のようです)

※絶対にここから買うな!!!

永井香里という女性も気の毒に。
勝手に名前を使われて。

追記:おもちゃのWebsiteを持つ香港の友人に
この悪徳カメラサイトのURLを送って
信用を得るために顔出しのアドバイスしたら、
その友人は多くの顧客から知られているから大丈夫だと言う。
なるほど。
そしてそのURLをクリックしたらなぜかGoogleのページに飛ぶらしい。
でも私のパソコンでは偽カメラ店ショップサイトに移る。
どうしてだろう?
詳しい人がいれば教えて下さい。

3月 232015
 

BUYMNAでは無在庫販売ができる。

出品→受注→仕入れ→販売

これだと在庫リスクがほとんどなくて
物販では理想的な販売手法です。

ですがBUYMAでは
日本に住んでいるセラーはアカウントを持たせないように
ルールを厳格化してきているそうです。
すでに中国輸入業者のアカウントはどんどん停止されている。
今後は韓国や欧米もその流れで停止していく動きです。
(中国輸入の場合は品質に問題があるからでしょう)

今100%BUYMAによって稼いでいる人は
収入がいつゼロになるのか分からないので、
日々戦々恐々ですね。
私の場合はBUYMAでは何も売っていません。
過去にやってみたのですが、全然ダメでしたので。

なぜBUYMAはアカウントの停止処置に持っていこうとするのか、
その原因について考えてみました。
まず無在庫だと誰でも簡単に出品することができるので、
BUYMA内で同じ商品がゴチャゴチャに存在するようになり、
買い手であるお客が混乱するからだろう。
(一人で1000個以上、普通に出品する奴もいる)

それとこれは推測ですが、
無在庫の日本在住セラーはキャンセルが多いからだと思う。
出品したはいいが、
売れた時にその商品が海外ですでに売り切れていて
やむを得ずキャンセルしなくてはいけなくなった。

キャンセルばかりの販売サイトなら
信用問題に関わりますからね。

もしアカウント停止の理由がキャンセル多しというのなら、
在庫を持って販売するしかアカウントは維持できない。
もしくは欧米に住みますか?

BUYMAでブランド品を売る人が少なくなると
価格が高くなっていきそうです。
価格競争がないから。
そうなるとブランド品の専門ネットショップに陽が当たりそうですね。

現在BUYMAで稼いでいる人は
独自にネットショップを構築することをおすすめします。
そうすれば何サイト作ろうがアカウント停止におびえることもない。
あとは集客の問題さえ解決できれば…